ホーム > 研究紹介 > 職員の著書 > 大台ヶ原の自然誌 -森の中のシカをめぐる生物間相互作用-

更新日:2010年5月27日

ここから本文です。

大台ヶ原の自然誌 -森の中のシカをめぐる生物間相互作用-

大台ヶ原の自然誌 -森の中のシカをめぐる生物間相互作用-表紙

  • 編著者 : 柴田 叡弌・日野 輝明 (森林総研執筆陣 : 伊東 宏樹、古澤 仁美、上田 明良、日野 輝明)
  • 発行元 : 東海大学出版会
  • ISBN : 978-4-486-01830-8
  • 発行年 : 2009年
  • 定価 : 3500円

 

 

 ニホンジカによる樹幹剥皮と後継樹採食のために衰退が著しい大台ヶ原の森林を再びよみがえらすことはできるのか?シカをめぐる生物間の相互作用ネットワークについて現地で長年調査を行ってきた関西支所や名古屋大学の研究を紹介し、それをもとに大台ヶ原の森林生態系をどう再生していくべきかを提案しています。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844