ホーム > 研究紹介 > 職員の著書 > 最新データによる木材・木造住宅のQ&A

更新日:2011年10月7日

ここから本文です。

最新データによる木材・木造住宅のQ&A

最新データによる木材・木造住宅のQ&A
  • 著者: 井上 明生、上川 大輔、木口 実、末吉 修三、平松 靖、桃原 郁夫、他18名  
  • 発行:木構造振興株式会社
  • 定価: 1200円(税別)
  • 刊行年: 2011年  
  • ISBN 978-4-9906025-0-5 


わが国は「木造建築の国」といわれるように、昔から木材を建築材料として利用してきました。現在の国産材需要の約6割を住宅資材が占めており、木材を利用することの利点や魅力を十分に周知し、住宅での木材利用の一層の拡大を図ることが望まれています。本書は意匠や構造の設計者、あるいは大工や工務店など住宅建設関係者が、一般消費者の持つ木材や木造住宅についての疑問に対して、わかりやすく答えられるように、Q&A形式で作成したものです。各分野の専門家が、科学的裏付けのある最新のデータを用いて解説していますので、これにより木材や木造住宅についての疑問が氷解し、安心して木造住宅が建てられるようになることを願っています。

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844