ホーム > 研究紹介 > 職員の著書 > 森のバランス―植物と土壌の相互作用

更新日:2012年4月6日

ここから本文です。

森のバランス―植物と土壌の相互作用

森のバランス
  • 編著者:森林立地学会(高橋正通、佐藤保、清野嘉之、松浦陽次郎、森下智陽、三浦覚、小林政広、鳥居厚志、谷川東子、金子真司、荒木誠、他17名)
  • 発行:東海大学出版会
  • ISBN:978-4-486-01933-6
  • 発行年:2012年
  • 定価:2800円(税別)

本書は、森林立地学の中心的課題である森林と環境との相互作用に関するこれまでの知見を、森林生態系の物質循環という切り口からとりまとめられています。森林と環境、人間活動との関わりについて概説する第I部「森林と環境」から始まり、森林の営みの中での有機物の動きやそれを規定する環境条件を解説する第II部「森林の有機物動態」、森林生態系における個々の元素の動態を取り上げる第III部「森林生態系における物質循環」の三部構成になっており、森林生態系のバランスの全体像からその構成単位へと次第に詳細な、専門的な内容が理解できるように工夫されています。

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844