ホーム > 研究紹介 > 職員の著書 > MONSTER HUNTER 超解釈生物論 II

更新日:2014年12月19日

ここから本文です。

MONSTER HUNTER 超解釈生物論 II

写真:MONSTER HUNTER 超解釈生物論II
  • 編者:川上 和人*・小林 快次・石垣 幸二・武藤 文人・松橋 利光・森 由民・丸山 宗利 (*:森林総合研究所職員) 
  • 発行社:笠倉出版社
  • ISBN:978-4-7730-5543-6
  • 発行年:2014年
  • 定価:1200円(税抜き) 
  • 【内容の説明】
    本書では、「MONSTER HUNTER」に登場する生物に関して、その形態と行動に基づき、生態や進化に関する考察を行っています。登場する生物は架空の生物ですが、これまでに蓄積された現実の生物学の知識を踏まえて考察を行うことにより、物語世界の背景にある生態系の姿にも迫ります。同時に、架空の生物を介して、その表現型の意味するところを知ることで、現実の生物を見直す契機になるものと考えられます。この本により、普段は馴染みのない生物学の研究の世界を、身近に感じることができるでしょう。 

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844