ホーム > 研究紹介 > 職員の著書 > 鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

更新日:2017年4月18日

ここから本文です。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。
  • 著者:川上和人
  • 発行:新潮社
  • 価格:1,400円+税
  • 発行年:2017年4月
  • ISBN:978-4-1035-0911-0
  • 内容
    最近発表された男の子がなりたい職業の第2位に「学者」がランクインしていました。日本人のノーベル賞連続受賞を背景に人気が上がっているのでしょう。そこで頭に浮かぶのは、白衣で実験にいそしむ姿や、自在にコンピュータを扱う姿かもしれません。
    鳥類学者も確かに研究者の一員ですが、他の分野とは若干異なる生活をしています。なぜならば、鳥は空を飛び世界各地に移動してしまうからです。そんな研究対象を相手にするためには、やはり各地に赴く必要があります。
    この本では、島の鳥を研究する著者が鳥類学者としての生活を紹介します。新聞や図鑑に載る情報の裏で、時にはウェットスーツで海を越え、時には安楽椅子で火山に挑み、時にはへたくそな英語で国際学会に臨みます。読み終わる頃には、「なりたい学者像」の1つに鳥類学者の姿が加わることでしょう。

 

 


お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844