ホーム > ダイバーシティ推進室 > 研究支援制度

更新日:2017年5月22日

ここから本文です。

研究支援制度

研究支援制度の概要

男女かかわらず、育児・介護などの家族責任により、研究所での研究時間に制約のある研究者に対して、研究用PCの貸与、研究補助員雇用費の援助を行っています。育児休業、介護休業中の方はWebミーティング利用による情報交換、自宅からの文献複写による情報収集をすることができます。育児休業復帰支援として交付金プロジェクト女性研究者等復帰支援枠を設定しています。詳細については研究支援(所内情報)をご覧ください。

対象者

  • 妊娠中の方、産前・産後休暇取得中の方
  • 育児休業、介護休業中の方
  • 小学生以下のお子様の育児責任のある方
  • 配偶者・両親等の介護責任のある方

研究用PC貸与、研究補助員雇用費援助

支援内容

支援決定までのプロセス

  • 年に2回研究支援申し込みを募る (2月、9月)
  • 男女共同参画室および研究支援ワーキンググループにおいて支援の対象者および内容を決定する
  • 産休明けなど募集時期だけで対応できない要件については、その都度審査する

Webミーティング

Webミーティングは、PCで遠隔会議を行うシステムで、1つの“会議室”にPC10台まで参加できます。森林総研内の本所、支所等の間や自宅等間で自由にご利用でき、研究情報室への利用申込は不要です。本所では、第7輪講室(6F)に機器一式を常設しています 。詳細は所内ページのWebミーティングシステム(サイボウズへリンク)(所内情報)を参照してください。

自宅からの文献複写

情報収集は直接業務ではなく、研究者として自己研鑽に用いることに限定します。詳細は図書館利用案内(サイボウズへリンク)(所内情報)を参照してください。森林総研で契約しているScienceDirect 及びSpringerLINKが利用でき、これらに対応していない文献複写の送付も可能です。利用のためにはVPN接続(サイボウズへリンク)(所内情報)が必要です。文献複写に関する詳細は資料課までお問い合わせください。

MAFFIN-VPNサービスの利用には、事前に研究情報科への申請が必要となります。申請に関する詳細は研究情報科へお問い合わせください。
サイボウズ ≪ 所内向け情報 ≪ 研究情報科 ≪ 研究情報室・情報係事務手続き、PC設定など ≪ 自宅・出先等からのネットワーク利用 ≪ MAFFIN-VPNの利用(サイボウズへリンク) 

交付金プロジェクト女性研究者等復帰支援枠

研究費の支援として、交付金プロジェクト女性研究者等復帰支援課題があります。森林総合研究所交付金プロジェクト公募の際に、女性研究者等復帰支援課題も公募されます。通常の交付金プロジェクトと同様の手順で応募できます。3ヶ月以上の長期育児休業復帰(予定)後、1年以内に応募できるもので、当該の男性研究者も応募可能です。原則2年以内(最長3年)の小規模な所内プロジェクトにより復帰を支援します。詳細は森林総合研究所運営費交付金プロジェクト実施細則(サイボウズへリンク)(外部サイトへリンク)および公募時の応募要領を参照してください。

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課室:企画部研究企画科ダイバーシティ推進室

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8360

Email:geneq@ffpri.affrc.go.jp