ホーム > ダイバーシティ推進室 > 男女共同参画関連シンポジウム・セミナー > 第16回エンカレッジ推進セミナー・平成26年度 労働衛生週間講演会開催

更新日:2014年10月24日

ここから本文です。

第16回エンカレッジ推進セミナー・平成26年度 労働衛生週間講演会開催

「ストレスマネジメント、こころの健康支援」

  • 2014年10月6日(月曜日)13時30分~15時
  • 場所:森林総合研究所・本所2階大会議室 (TV会議にて支所等に中継あり) 
  • 講師:水上 勝義氏
    筑波大学大学院 人間総合科学研究科 教授

     ◆ポスター(PDF:516KB)

 プログラム

  • 鈴木 信哉理事 開会挨拶
  • 水上 勝義氏  「ストレスマネジメント、こころの健康支援」
  • 質疑応答  

【概要】

 第16回エンカレッジ推進セミナー・平成26年度 労働衛生週間講演会今年も男女共同参画室と職員課共催の講演会を開催しました。
近年、過重労働による健康障害やメンタルヘルス不調などの健康問題が重要な課題となっていること等を踏まえ、今年度の全国労働衛生週間スローガンは「みんなで進める職場の改善、心とからだの健康管理」と定められています。当所においてもこれらの問題に対する取り組みは重要であることから、メンタルヘルス、ストレスマネジメント、精神医学を専門分野とする筑波大学大学院人間総合科学研究科教授 水上勝義先生に講演依頼し、「ストレスマネジメント、こころの健康支援」と題して、「ストレスとはどんなものなのか」「ストレスと上手く付き合っていく方法」などについて講演いただきました。 

  

【講演内容】 

冒頭、傷病別の医療機関にかかっている患者数の年次推移の話があり、平成17年頃から最近までずっと精神疾患(ほとんどがうつ病)の患者が3万人を超えてダントツで多いことが説明されました。他の傷病(糖尿病、脳血管疾患など)では近年は右下がりであるにも関わらず、精神疾患はどんな対策をとっても3万人を割ることはなかったといい、現代社会の代表的な疾患であることが知らされました。

<ストレスを理解する>
ストレスには、良いストレス(eustress)と悪いストレス(distress)があり、受け手側が上手にコーピング(対処)したり、ストレス耐性の向上により良いストレスに変えられます。
ストレス反応としては、心理面、身体面、行動面がありますが、心理面のストレス反応として現れるゆううつ感、不安、落ち着かなさ、いらいら、怒り、やる気のなさ、集中困難は、普通は2-3日で回復し、1週間も続くと慣性化、2週間でうつ病になりかけ、1か月も続くようであれば早急に病院に行くなど対処が必要です。

<ストレスマネジメント>
ストレスマネジメントとは、ストレス反応の低減や予防を目的とした対応策のことです。ストレスに対するコーピングでは、問題中心コーピングと、情緒中心コーピング(問題には直接働きかけない)の2つがある。このうち情緒中心コーピングはさらに、気分転換・休養、認知による対処、自責、希望的観測、回避の5つに分けられるが、自責(自分を責めるetc)、希望的観測(非現実的なことを望むこと)、回避(人に当たって気を紛らわすetc)はできるだけ避けたいコーピングである。
上手なコーピングとしては、コーピングのレパートリーを増やす、時と場合によって柔軟に使い分ける(コントロール可能な事には問題中心型、コントロール不能の事には情動中心型)ことが有効である。

【感想】

人はだれでも大なり小なりのストレスは感じていると思います。しかし多少のストレスはそれを目標ととらえ、意欲向上、やる気につながりモチベーションのアップになることが改めて知らされました。

ストレスを正しく理解し、現在の自身のコンディションを客観的に知り、身体に症状として現れる前に今回講演いただいたストレスマネジメント(コーピングの方法)で上手に対処することが重要であることがわかりましたので、これらを身につけ心の健康づくりに生かしていきたいと思います。 

[質疑]

受講者から主に以下の質問があり、先生からそれぞれ回答をいただきました。

  • 心理面のストレス反応において、ゆううつ感や不安が2週間、1ヶ月間と続くことは自分自身で感じることか?

  (回答) うつは自覚することがほとんど。たまに自覚がない人がいるが、その場合には周りからの声かけが大切。

  • ストレスと関連する身体疾患で肥満は該当するか?

  (回答) 体重の増加はある。

  • うつ病の人には「頑張れ」と言わないことと良く聞くがどうか?

  (回答) 基本的に励ましはしない。うつからの回復が第一。

  • 血中コルチゾールの値は健康診断でわかるか?甲状腺の疾患と関係はあるか?

 (回答)液検査では測れない、瞬間で値が変わるもの。直接は関係しない。

  • 傷病別患者数の推移で精神疾患だけが伸びている理由は何か?

 (回答) 会におけるストレスの状況が増えていることによる。  

総務課人事係 男女共同参画室併任 高橋 健二:記

 

 ◆当日資料(所内情報) ◆  

【会場の様子

 20141006会場の様子6 20141006会場の様子5 会場の様子 会場の様子

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部研究企画科ダイバーシティ推進室

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8360

Email:geneq@ffpri.affrc.go.jp