ホーム > ダイバーシティ推進室 > 男女共同参画関連シンポジウム・セミナー > 第20回エンカレッジ推進セミナー開催報告

更新日:2017年3月9日

ここから本文です。

第20回エンカレッジ推進セミナー開催報告

「理想の願望の達成に向かって、モチベーションのスイッチを入れる!」 

  • 2016年6月23日(木曜日)13時15分~15時15分(TV会議中継あり)
  • 場所:森林総合研究所本館2階 大会議室(TV会議)
  • 講師:伊藤 康夫 氏
    (雇用人材協会 理事・ビジネス心理コンサルタント・心理カウンセラー

伊藤康夫先生

プログラム

  1. 桂川理事開会あいさつ

  2. 講演
  3. 質疑応答

講演概要

誰もが望む「ストレスがなく、日々の生活や仕事に充実感や活力(モチベーション)を実感できる」状態を実現するために、日々の生活の中で感じるストレスを、モチベーションに変えることができる効果的及び実践的な心理法則についてお話ししていただきました。詳しくは当日配布されたこちらの資料をご覧ください。

講演を聞いて

出席者は約70人で大会議室をほぼ埋める盛況ぶりでした。温和な先生の表情とお話しぶりにぐいぐいと引き込まれ、あっという間の2時間を過ごしました。質疑応答時は「素直な」質問が多く飛び交い、大会議室は笑顔にあふれました。

ここでは、講演会に出席できなかったみなさんのために、心に残った先生のフレーズをいくつかご紹介したいと思います

「怒りの感情は生活に必要ない!」
言い切れる先生がとても素敵だと思いました。怒りが満ちてしまって爆発しそうなときは、相手にぶつけることをせず、6つ数えてやり過ごしてください。
「コミュニケーションの基本は、素直な心と感謝の気持ち」
素直な心で接し、日ごろから感謝の気持ちを伝えることを心がけましょう。相手に「この人となら話しても安全だ」と認識が生まれ、信頼関係を築くことができます。万が一、人格を傷つけた発言をしてしまったときは、時間をおかずに素直に謝ることが解決への近道です。
「種まきと収穫の法則」
あなたがこれまでしてきたことが、今の結果を招いています。ということは、心がけ次第で状況を変えることができるということです。どのような自分の考え方が現在の悪い状況を引き起こしているのでしょうか?自分と向き合い、見直す時間を作ると良いそうです。配布された資料の質問票を活用できますよ。
「危機感・快感・価値観は、モチベーションを高める3大エネルギー」
この3つを同時に感じればモチベーションが高まります。優秀な上司はこの3つの武器を上手に使うことで、部下が自発的に動きだすように操作できるそうです。

最近、小学3年生の長男のモチベーションアップについて悩んでいたところでしたので、今日は早速、家で優秀な上司バージョンを実践しようと思っています!
「君なら、漢字テストでもっとよい点がとれると思っていたけど・・・・。結果は○○で、本当に驚いたよ(←怒りをぶつけずに素直な気持ちを伝える)。このままではみんなから遅れてしまってやばいよ(←危機感)。漢字がたくさん書けると嬉しいし(←快感)、モテモテになれると思うね(←価値観)」。きっと、彼のモチベーションをアップできると思います。

野生動物研究領域 鳥獣生態研究室・ダイバーシティ推進室(併任) 永田純子:記 

 会場の様子

  桂川理事 会場の様子 ターバーシティ推進室長 会場の様子

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部研究企画科ダイバーシティ推進室

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8360

Email:geneq@ffpri.affrc.go.jp