ホーム > ダイバーシティ推進室 > 森林総研の取り組み > 森林総研男女共同参画宣言

更新日:2017年3月29日

ここから本文です。

 森林総研男女共同参画宣言

男女共同参画宣言  2011年1月21日策定

    森林総研では、研究所全体として男女共同参画に積極的に取り組んでいく姿勢を明確にするため、2011年1月21日に、男女共同参画宣言を策定いたしました。これまで、「女性研究者支援プロジェクト」(文科省)への取り組みを契機に、エンカレッジ推進本部(本部長は:理事長)、男女共同参画室を設置して、所内保育室の設置・運営、育児や介護などの家族責任を持つ研究職員に対する研究支援、男女共同参画に関するセミナーやシンポジウム開催を通じた啓発等を進めてきましたが、その成果を今後とも持続し、高めていく姿勢を明らかにしたものです。研究所は2011年度から第三期中期計画期間に入りますが、引き続き男女共同参画に積極的に取り組んでまいります。(図拡大は図をクリック)

独立行政法人森林総合研究所 男女共同参画宣言

   森林総合研究所は、持続可能な発展をささえる多様性が研究の現場において重要であると考えます 。そうした考えのもと、男女を問わず多様な人材がそれぞれの能力を存分に発揮できるような職場環境の実現を目指し、男女共同参画のさらなる推進につとめます。

2011年1月21日

独立行政法人森林総合研究所

基本方針

  1. 公正な評価に基づく女性の積極的採用および活用
  2. 女性職員の役職登用の促進
  3. 仕事と家庭生活との両立支援
  4. 性差別のない環境の構築
  5. 男女共同参画に関する意識改革のための広報・啓発活動の推進
  6. 男女共同参画に関する取組みの地域社会および関連機関との連携

FFPRI Gender Equality Declaration

  We believe that diversity is vitally important to fulfill sustainable development of the world and we aim to achieve this through our research work at FFPRI. We promote gender equality so that both men and women are able to show their individual abilities.

January 21, 2011

Forestry and Forest Products Research Institute (FFPRI)

 Basic Policy

  1. Employment and assignment for women members based on merit
  2. Promotion of women members to administrative positions
  3. Offering assistance in balancing work and family life for both men and women
  4. To create an environment free from gender-based discrimination
  5. To ensure that people are more aware of the need for gender equality through publicity and awareness-raising activities
  6. Pursuit of gender equality through cooperation with local community and associated organizations

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部研究企画科ダイバーシティ推進室

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8360

FAX番号:029-874-8507

Email:geneq@ffpri.affrc.go.jp