ホーム > イベント・セミナー > 公開講演会 頻発する大規模山地災害はなぜ起きるかーその発生予測と被害の軽減に向けてー

ここから本文です。

公開講演会 頻発する大規模山地災害はなぜ起きるかーその発生予測と被害の軽減に向けてー

平成20年度 独立行政法人 森林総合研究所
公開講演会
頻発する大規模山地災害はなぜ起きるか ーその発生予測と被害の軽減に向けてー

開催日時

2008年10月15日  14時00分から17時30分

場所

名称 ヤクルトホール
住所 東京都港区東新橋1-1-19ヤクルト本社ビル
交通案内 ・JR「新橋」徒歩5分
・都営浅草線「新橋」1番出口 徒歩1分
・銀座線「新橋」2番出口 徒歩3分
ホームページ ヤクルトホール(外部サイトへリンク)

内容

-プログラム-

開会挨拶 : 鈴木 和夫(理事長)
総合司会 : 高木 茂(総括審議役)

はじめに
・森林総合研究所の山地災害研究が目指すもの : 加藤 正樹(国土保全・水資源研究担当 研究コーディネータ)

招待講演
・斜面災害研究の流れとこれからの防災 : 沖村 孝(神戸大学名誉教授 財団法人 建設工学研究所 常務理事)

講演
・地下水から崩壊を予測する : 多田 泰之(水土保全研究領域 山地災害研究室 研究員)
・地震による大規模崩壊・地すべりの発生メカニズム : 浅野 志穂(九州支所 山地防災研究グループ長)
・長距離にわたって流れる土石流災害の予測に向けて : 岡田 康彦(水土保全研究領域 治山研究室 研究員)

パネルディスカッション
佐藤 義高(長崎県 農林部 林務課 治山班 課長補佐)
松浦 純生(水土保全研究領域長)
講演発表者(沖村、加藤、多田、浅野、岡田)
司会:石塚 和裕(研究担当 理事)

閉会挨拶 : 亀井 俊水(企画・総務担当 理事)

費用

無料(事前申込不要)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科広報係

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8372

FAX番号:029-873-0844

Email:kouho@ffpri.affrc.go.jp