ホーム > イベント・セミナー > 森が支えるサステナブルNIPPON~手段としての産学官民連携の促進に向けて~

ここから本文です。

森が支えるサステナブルNIPPON~手段としての産学官民連携の促進に向けて~

開催日時

2008年11月20日  13時30分から17時00分

場所

名称 東京大学 弥生講堂
ホームページ 東京大学 弥生講堂(外部サイトへリンク)

主催・共催等

主催:
森林・木材・環境アカデミー
(社)日本林業協会
(独)森林総合研究所

内容

<パネリスト>
・島田 泰助(林野庁)「森林・林業・木材産業を巡る課題」
・速水 亨((社)日本林業経営者協会)「私有林経営から見る森林経営の問題点」
・堀川 保幸(中国木材(株))「国産木質バイオマス資源の有効利用」
・箕輪 光博((社)大日本山林会) 「これからの森林経営-新しい価値と資本の創造に向けて」

<コーディネーター>
・駒木 貴彰((独)森林総合研究所)

費用

無料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画部研究企画科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1