ホーム > イベント・セミナー > CDM植林により熱帯林の生物多様性はどう変わるか

ここから本文です。

CDM植林により熱帯林の生物多様性はどう変わるか

環境省地球環境保全試験研究費によるプロジェクト成果
国際シンポジウム : CDM植林により熱帯林の生物多様性はどう変わるか

開催日時

2009年2月24日  10時30分から16時00分

場所

名称 (独)森林総合研究所 2F 大会議室
住所 茨城県つくば市松の里1

主催・共催等

主催 :(独)森林総合研究所

内容

第一部(10時30分~12時05分)
ランドスケープと植物の多様性

1. 衛星画像を用いた生物多様性評価のための土地利用マップの作成 : 高橋正義・Prasetyo LB
2. アカシアマンギウム人工林による森林植物回復の可能性 : 五十嵐哲也・Simbolon H & Ruskandi A
3. 東カリマンタンの地上バイオマス量とその変動について : Simbolon H, 五十嵐哲也, Ruskandi A & Dirman

第二部(13時15分~14時00分)
鳥獣の多様性

4. 東カリマンタンの異なる森林タイプにおけるほ乳類の種構成 : 安田雅俊・岡輝樹 Boer C
5. インドネシアの鳥類保全の現状 : Prawiradilaga DM
6. 東カリマンタンの様々な環境における鳥類多様性の評価 : 川上和人・Prawiradilaga DM, Irham M & 川路則友

第三部(14時20分~16時00分)
昆虫の多様性

7. 東カリマンタンでの生物指標としてのカミキリムシ : Noerdjito WA, 槙原寛・Suhiarto
8. 東カリマンタンにおける様々な人為影響下でのチョウ類の多様性 : 松本和馬・Noerdjito WA
9. ボルネオ低地の異なる植生における糞虫類の比較 : 上田明良・Dwibadra D
10. 山火事後の植林など森林景観の変動が寄生性ハチ類に与える影響 : 前藤薫

費用

無料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

電話番号:029-829-8212(福山)

Email:cdmtayousei@ffpri.affrc.go.jp