ホーム > イベント・セミナー > 農林水産業に寄与する生態系サービスの持続的利用に果たす森林の生物多様性の役割

更新日:2010年10月14日

ここから本文です。

農林水産業に寄与する生態系サービスの持続的利用に果たす森林の生物多様性の役割

OECD国際共同プログラム後援・生物多様性条約COP10記念シンポジウム

2010年10月に、愛知県名古屋市において生物多様性条約第10回締約国会議(CBD/COP10)が開催されます。農林水産業の持続性に生物多様性が重要な役割を果たしていることは、社会的に広く認められているところです。その一方、生物多様性の活用とモニタリングや評価について適切な方法が無いために、生物多様性を活用するための国家および国際政策の立案と実施には多大な困難があります。その理由の一つに生物多様性に関する研究集会が、生態学や社会学など特定の専門分野の研究情報の共有のみを目的としてきたことがあげられます。
そこで森林総合研究所は早稲田大学環境総合研究センターと共同で、世界各地の生態学、社会学、経済学などの分野における生物多様性研究の専門家の出席により、1)森林の生物多様性を基礎とする生態系の環境サービスが農林水産業に与える影響、2)生物多様性の減少に繋がる生態、社会および経済的要因、3)生物多様性条約ポスト2010年目標に貢献するための研究者の役割、について示すことを目的に本シンポジウムを企画しました。

開催日時

2010年4月26日~2010年4月28日  

場所

名称 早稲田大学小野記念講堂
ホームページ 早稲田大学小野記念講堂(外部サイトへリンク)

主催・共催等

主催:独立行政法人森林総合研究所、早稲田大学環境総合研究センター
協力機関:生物多様性条約事務局、カナダ森林局、東北大学生態適応GCOE、名古屋市立大学、国立環境研究所、フィンランド森林研究所、CIFOR
後援:OECD、林野庁
協賛:ゴルファーの緑化促進協力会

内容

4月26日(9時00分受付開始)9時30分~17時00分
基調講演 : 森林の生物多様性により提供される生態系サービス
中静透(東北大学)
セッション1 : 生態系サービスからみた森林の生物多様性の価値
Ian Thompson(カナダ森林局) 、Jason Tylianakis (ニュージーランド・カンタベリー大学)、Pushpam Kumar (イギリス・リバプール大学)
セッション2 : 森林がもたらす生態系サービスのゆくえ
岡部貴美子(森林総研)、Nancy Schellhorn(オーストラリア連邦科学産業研究機構)、向井宏(京都大学)

4月27日(9時00分受付開始)9時45分~17時00分
招待講演 : 持続的資源利用のための食料と文化の多様性の重要性
松田裕之(横浜国立大学)
セッション3 : 森林生態系サービスを維持・利用するための戦略
五箇公一(国立環境研) 、John Parrotta (アメリカ農業局) 、Eckehard Brockerhoff(ニュージーランド森林研究所)
セッション4 : 生態学からみた持続可能な森林経営
Robert Nasi (国際林業研究センター)、Jari Parviainen(フィンランド森林研究所)

4月28日(9時00分受付開始)9時30分~11時45分
セッション5 : 国家的、国際的な戦略
香坂玲(名古屋市立大学)、Tim Christophersen(生物多様性条約事務局)

定員

206名

費用

無料

申込方法

参加される方は、氏名・所属・連絡先住所・連絡先email・参加日(限られた期間のみの参加の方)を森林総合研究所CBD/COP10シンポジウム担当(CBD_COP10@ffpri.affrc.go.jp)まで事前にお知らせください。出席予定者が定員(206名)を超え次第、締め切りとさせていただきます。

※登録は4月16日17時00分まで とさせていただきます。当日参加はスペースの都合でお断りする場合がございます。

その他

シンポジウムの言語は英語です。同時通訳があります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

 担当者名:森林総合研究所CBD/COP10シンポジウム担当

Email:CBD_COP10@ffpri.affrc.go.jp

※登録は4月16日17時までとさせていただきます。当日参加はスペースの都合でお断りする場合がございます。