ホーム > イベント・セミナー > シンポジウム「木質バイオマス利用のさらなる拡大に向けて」

更新日:2010年10月26日

ここから本文です。

シンポジウム「木質バイオマス利用のさらなる拡大に向けて」

地球温暖化問題の解決を図る上で、カーボンニュートラルである木質バイオマスへの期待は高まっています。その利用促進は、この春に制定された「木材利用促進法」や6月に公表された「森林・林業再生プラン」の中間とりまとめにおいても明記されました。一方、現状としては、建築廃材のエネルギー利用は拡大したものの、林地残材の利用は途についたばかりです。そこで今回は、近年増加しつつある直接燃焼利用を取り上げて、木質バイオマス利用拡大を実現するための課題とその可能性について意見交換をしたいと考えております。

開催日時

2010年11月18日  (木曜日) 10時から17時

場所

名称 東京大学弥生講堂・一条ホール
住所 東京都文京区弥生1-1-1
交通案内 東京メトロ南北線東大前駅下車
ホームページ 東京大学弥生講堂 交通案内(外部サイトへリンク)

主催・共催等

主催:日本エネルギー学会バイオマス部会、木質バイオマス利用研究会(担当)、化学工学会エネルギー部会、バイオマス利用研究会、アルコール・バイオマス研究会
後援:(独)森林総合研究所

内容

プログラム(敬称略)

(「緑と水の森林基金」助成シンポジュウム(同時通訳付き))
10時00分-10時10分 開会ご挨拶 小池 浩一郎 木質バイオマス利用研究会会長
10時10分-11時00分 基調講演「欧州の木質バイオマス利用の現状と今後の展望」 欧州バイオマス協会会長 ハインツ・コペッツ博士
11時00分-12時00分 総合討論

[昼食休憩]

(バイオマス合同交流会講演会)
13時00分-13時30分 交流会主催者挨拶、部会・研究会の紹介
13時30分-14時00分 石炭混焼利用における技術的課題と方向 (財)電力中央研究所 大高 円
14時00分-14時30分 木質バイオマス活用への取り組み事例について (株)中国電力電源事業本部 安本 浩之
14時30分-15時00分 下川町役場周辺における地域熱供給の取り組み 下川町地域振興課 高橋 祐二
[休憩]
15時20分-15時50分 木質燃料チップ供給の現状と可能性 (株)遠野興産 中野 光
15時50分-16時20分 木質ペレットの内外需給動向と今後の展望 (株)三菱商事エネルギー事業グループ 水田 照
[休憩]
16時40分-17時30分 総合討論

懇親会(一条ホールロビーにて)
18時00分-19時30分

費用

参加費: 午前の部は無料、午後の部は3000円(但し、主催学協会正会員:2000円、学生:無料)
懇親会参加費: 主催学協会正会員、非会員、学生とも一律3000円
※ 参加費および懇親会費は当日の受付にて申し受けます。

申込方法

1)氏名、2)ご所属(会社名等)、3)住所、4)TEL/FAX、5)合同交流会、懇親会、午前中の関連シンポジウムへの参加の有無、を明記の上、
FAXで、平成22年11月12日(金曜日)17時までに下記宛お申込み下さい。

なお、参加人数は先着300名限りです。また、懇親会は、会場の関係から先着100名限りとします。

お問い合わせ

申込先:木質バイオマス利用研究会(担当:(独)森林総合研究所 林さとみ)
FAX番号:029-873-3799