ホーム > イベント・セミナー > 海岸林緊急調査中間報告会 海岸林の再生に向けて

更新日:2011年10月5日

ここから本文です。

海岸林緊急調査中間報告会 海岸林の再生に向けて

開催日時

2011年10月17日  (月曜日)13時~15時

場所

名称 ホテル東日本 青雲の間
住所 盛岡市大通り3丁目3-18
交通案内 盛岡東口駅より(開運橋を渡る)徒歩数分

主催・共催等

主催:(独)森林総合研究所 東北支所

内容

趣旨:東日本大震災で大きな被害を受けた海岸林の再生を図るため、海岸林調査報告会を企画しました。震災後、さまざまな海岸林被害調査が行われてきましたが、いまだ途中段階です。しかし、これまで何がわかり、何が再生への障害になるのか、森林総合研究所が関わってきた調査を中心に中間報告し、早い段階で多くの方々と情報を共有したいと思っています。海岸林再生に向けては、今後も長期にわたる粘り強い研究と実践活動が必要です。マツ枯れも北上中です。マツの苗木の確保も必要です。何より被災地の復興のシンボルとして、かつての白砂青松を取り戻すために、多くの関係者の協力が必要です。

<プログラム>

13時00分 挨拶 : 森林総合研究所 東北支所長 山本 幸一
13時05分 趣旨説明 : 森林総合研究所 東北支所 地域研究監 新山 馨
13j時10分 講演 : 「海岸林被害の実態と海岸林の評価」 森林総合研究所 気象害・防災林研究室長 坂本 知己
13時30分 講演 : 「海岸林被害の実態:リモセンから」 岩手県林業技術センター 研究部 小澤 洋一
13時50分 講演 : 「シミュレーションによる海岸林の津波減衰機能の評価」 森林総合研究所 気象害・防災林研究室 野口 宏典
14時10分 講演 : 「海岸林津波被害への東北支所の研究対応」 森林総合研究所 東北支所 中村 克典・星野 大介
14時30分 講演 : 「高田松原、奇跡の一本松を次世代に」 森林総合研究所 林木育種センター 東北育種場 笠井 史宏・春原 武志
14時50分 討論
15時00分 終了

定員

約60名

費用

無料

申込方法

申し込み不要(直接会場へ)

その他

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

独立行政法人 森林総合研究所 東北支所 連絡調整室
電話番号:019-648-3930