ホーム > イベント・セミナー > 環境研究総合推進費シンポジウム2016@奄美博物館 森といきもの、そして人 ~奄美の森と共に歩む道~

更新日:2016年11月14日

ここから本文です。

環境研究総合推進費シンポジウム2016@奄美博物館 森といきもの、そして人 ~奄美の森と共に歩む道~

本シンポジウムは、H27年度に新規採択された環境省環境研究総合推進費(4-1503)「奄美・琉球における森林地帯の絶滅危惧種・生物多様性保全に関する研究(H27~29)研究代表者:正木隆(森林総研)」の研究成果を地域や行政機関等に速やかに還元し、連携して研究プロジェクトを推進するために実施します。本研究プロジェクトは、国立研究開発法人森林総合研究所、国立大学法人琉球大学、国立大学法人東京農工大学、国立大学法人長崎大学の共同研究事業です。また当日は、鹿児島県立大島高校や龍郷町立龍北中学校の生徒さんをはじめ、奄美大島で自然や環境に関わる活動をされている方々によるポスター発表を同時開催します。

開催日時

2016年11月28日  (月曜日)18時30分から20時30分

場所

名称 奄美市立奄美博物館 企画展示室(3階)
住所 鹿児島県奄美市名瀬長浜町517
ホームページ 奄美市立奄美博物館(外部サイトへリンク)

主催・共催等

主催:国立研究開発法人 森林総合研究所
共催:長崎大学環境科学部、琉球大学農学部、東京農工大学
後援:環境省那覇自然環境事務所、林野庁鹿児島森林管理署、奄美市

内容

<講演内容と演者>
・奄美の森林利用の過去と未来・・・杉村 乾(長崎大学環境科学部)
・国立公園・世界自然遺産が活かされる条件 どのようなサポートが必要か?・・・岩本 千鶴(環境省奄美自然保護官事務所)
・奄美の動物たちを取り巻く喜ばしい変化、それを見守り次世代につなぐ・・・亘 悠哉(森林総合研究所野生動物研究領域)

詳細は別紙ポスター参照

費用

入場無料

申込方法

申し込み不要
どなたでもお気軽にご来場ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

国立研究開発法人 森林総合研究所
〒305-8687
茨城県つくば市松の里1
電話番号:029-829-8224
FAX番号:029-874-3720
E-mail:abeshin@ffpri.affrc.go.jp