ホーム > イベント・セミナー > 成果報告会「「木の良さ」を科学するー木材がひとの触・視・嗅に及ぼす影響ー」

更新日:2017年10月17日

ここから本文です。

成果報告会「「木の良さ」を科学するー木材がひとの触・視・嗅に及ぼす影響ー」

住居や家具などの生活環境に木材を用いたときの心地良さは多くの人に知られていますが、その科学的なエビデンスは十分とは言えませんでした。そこで森林総合研究所では、これまで根拠が曖昧であった「木の良さ」を科学的データで裏付けるために、3年間にわたって運営費交付金プロジェクト「人間の快適性に及ぼす木材の触覚、視覚及び嗅覚刺激の効果の解明」を実施してきました。
木材が視覚、嗅覚、触覚刺激を通じて人間の生理・心理面に与える影響について、「人を測る」ことに重点を置いて研究を進めてきた成果を報告いたします。木材の良さに興味を持たれる方々のご参加をお待ちしております。

開催日時

2018年2月27日  (火曜日)13時30分~17時00分

場所

名称 東京大学弥生講堂一条ホール
住所 東京都文京区弥生1-1-1、東京大学農学部構内
ホームページ 東京大学弥生講堂(外部サイトへリンク)

主催・共催等

主催:国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所
後援:日本木材学会居住性研究会、日本生理人類学会Wood/Human Relations研究部会

内容

<プログラム>
13時30分 開会挨拶
13時40分 基調講演「木の住まいが居住者にもたらす健康と快適性~その科学的な検証~」 慶應義塾大学 伊香賀俊治 教授
14時25分 成果報告(30分/1題)
(1)プロジェクトに関する概略説明
(2)木材の触覚特性が人間の生理・心理面に与える影響の解明
15時25分 休憩(15分間)
15時40分 成果報告(30分/1題)
(3)木材の視覚特性が人間の生理・心理面に与える影響の解明
(4)木材の嗅覚特性が人間の生理・心理面に与える影響の解明
16時40分 プロジェクト成果に対するコメント 東京大学大学院 信田聡 教授
16時55分 閉会挨拶
17時00分 閉会

定員

300名(申込順。なお、定員を超えた段階で申込を締め切らせていただきます。)

費用

無料(事前申込要)

申込方法

お名前、所属、連絡先(e-mailアドレス)を添え、comfortwood*ffpri.affrc.go.jpで事前登録してください。
(注:*は半角@に置き換えてください)
なお、定員に空きがある場合、当日参加も受け付けます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1
国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所 木材加工・特性研究領域
杉山真樹
(E-mail: sugicchi*ffpri.affrc.go.jp, Tel: 029-829-8302, Fax: 029-874-3720)
(注:*は半角@に置き換えてください)