ホーム > イベント・セミナー > 公開シンポジウム「120年ぶりの森の一大イベント 笹の一斉開花で森はどうなる?」

更新日:2018年2月2日

ここから本文です。

公開シンポジウム「120年ぶりの森の一大イベント 笹の一斉開花で森はどうなる?」

愛知県、岐阜県、長野県の山々で、120年ぶりに笹の一種:スズタケの一斉開花が起こりました。笹の一斉開花とはどんな現象なのでしょう?森や私たちの生活にどんな影響をもたらすでしょう?若手研究者がわかりやすく説明します。

開催日時

2018年3月3日  (土曜日)13時から16時30分

場所

名称 名古屋大学経済学部カンファレンスホール
住所 名古屋市千種区不老町
ホームページ カンファレンスホール会場案内(外部サイトへリンク)

主催・共催等

共催:国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所、国立大学法人 名古屋大学
後援:林野庁中部森林管理局、愛知県

内容

<プログラム>
13時開場
開会あいさつ
「ササの一斉開花現象とは」森林総合研究所 齋藤 智之
「ササ一斉開花の範囲と歴史」森林総合研究所 岡本 透
「野ネズミの発生状況」愛知県森林・林業技術センター 石田 朗・森林総合研究所 島田 卓哉
「野ネズミの長期動態」名古屋大学大学院 生命農学研究科 福永 宏紀・柏木 晴香・肥後 悠馬・梶村 恒
「森への影響」名古屋大学大学院 生命農学研究科 依田 浩輝・中川 弥智子
パネルディスカッション
閉会あいさつ

費用

入場無料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1
国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所
(事務局)森林植生研究領域 植生管理研究室
E-mail: sasa0303*ffpri.affrc.go.jp
(注)*は半角@に置き換えてください