ホーム > イベント・セミナー > 森林産業コミュニティ・ネットワーク(FICoN)第2回ウェブ検討会 ~ウッド・ショックに打ち克つ川中のシステム・イノベーションへの期待~

更新日:2021年10月5日

ここから本文です。

森林産業コミュニティ・ネットワーク(FICoN)第2回ウェブ検討会 ~ウッド・ショックに打ち克つ川中のシステム・イノベーションへの期待~

FICoN(ファイコン)は、令和元〜2年度に実施された農林水産省『「知」の集積による産学連携推進事業のうちプロデューサー活動支援事業』のテーマ「地域の木材流通の川上と川下をつなぐシステム・イノベーション」の成果を基盤として、森林・林業・木材産業のイノベーションを担う研究開発プラットフォームの連携強化やコンソーシアムの立ち上げ支援など、イノベーション創出を支援する活動を引き続き推進し、異分野との連携についても強化するため、企業、大学、公設機関など様々な立場の会員が意見交換し、協創できるコミュニティとしてのネットワークづくりを目指しています。
今回の検討会では、最近の木材需給の変動への対応についてご説明いただいた後、今回のウッド・ショックがもたらした影響や対応、今後の課題など講師の先生方にお話しいただきます。
共催、後援組織の関係者をはじめ、森林産業やFICoNの活動に興味のある方、情報交換したい方はどなたでも参加できますが、ウェブ形式のため事前登録制とさせていただきます。

SDGs-icon_No.7,9,11,12,15

開催日時

2021年11月8日  (月曜日)14時00分~17時00分

場所

名称 Microsoft Teamsによるウェブ形式
住所 URL等の情報は参加登録者に連絡します

主催・共催等

共催:
森林産業コミュニティ・ネットワーク(FICoN)
国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所

後援:
スマート林業研究開発プラットフォーム
持続的な林業生産システム研究開発プラットフォーム
林内人力作業支援機械研究開発プラットフォーム
農林水産業のためのナノテクノロジーを用いた新素材開発・新用途開発プラットフォーム
中層・大規模木造建築推進のための研究開発プラットフォーム
木質外被研究開発プラットフォーム
木質バイオマス燃焼灰利用研究プラットフォーム
優良な林業用種苗の生産・普及に関するプラットフォーム
薬用系機能性樹木の栽培と利用のための研究開発プラットフォーム
きのこ類の生理・生態の科学的基盤とそれらを応用した技術研究開発プラットフォーム
樹木類への生物被害に関する連携研究開発プラットフォーム
地域創生に資する森林資源・木材の需要拡大に向けた研究開発プラットフォーム

内容

検討会次第(講演タイトルは一部仮置きのため変更となる場合があります。)

14時00分 開会挨拶 FICoNファシリテーター 鮫島 正浩氏
14時10分「木材需給の変動への対応について」林野庁 木材産業課 課長 齋藤 健一氏
14時25分「ウッド・ショックに打ち克つために」中国木材株式会社 管理部 部長 松岡 秀尚氏
14時40分「ウッド・ショック以後の国産材業界の成長戦略」協和木材株式会社 代表取締役社長 佐川 広興氏
14時55分「ウッド・ショックの要因と今後の木材流通」物林株式会社 代表取締役社長 淡中 克己氏
15時10分「枠組壁工法構造用製材の最新動向」(一社)日本ツーバイフォー建築協会 技術部会顧問 清野 明氏
15時35分 総合討論(司会)筑波大学 准教授 立花 敏氏、(パネリスト)齋藤 健一氏、松岡 秀尚氏、佐川 広興氏、淡中 克己氏、清野 明氏
16時45分 事務局からの連絡
16時50分 閉会挨拶 FICoN 副ファシリテーター 酒井 秀夫氏

定員

200名
参集範囲:共催、後援組織の関係者をはじめ、森林産業やFICoNの活動に興味のある方、情報交換したい方はどなたでも参加できますが、定員を超える参加申込みがあった場合はFICoN会員を優先します。

費用

参加は無料ですが、事前申込みが必要です。

申込方法

・申込み締切り:2021年10月29日(金曜日)
・申込み先:jimu-ficon*ml.affrc.go.jp(注)*は半角@に置き換えてください。
・記入事項:参加者氏名、所属機関名、連絡先(メールアドレス、電話番号)、FICoN会員の種別(A 組織会員、B 個人会員、C 今回加入する、D 未加入)

お問い合わせ

国立研究開発法人 森林研究・整備機構
森林総合研究所 FICoN事務局
〒305-8687 茨城県つくば市松の里1
e-mail:jimu-ficon*ml.affrc.go.jp
(注)*は半角@に置き換えてください