森林保険センター > 森林保険センターについて > 森林総合研究所との連携

更新日:2020年7月29日

ここから本文です。

森林総合研究所との連携

森林気象害に関する研究成果

「森林気象害のリスク評価手法に関する研究」報告書(発行:令和2年3月)

 平成27年に森林保険業務が政府から国立研究開発法人森林総合研究所(当時)に移管され、森林保険センターが設置されました。移管を受けて、森林保険センター委託による「森林気象害のリスク評価手法に関する研究」(平成27年度~令和元年度)が森林総合研究所により実施されました。この研究は、森林保険センターが保有する気象害データを活用した、風害・雪害・林野火災リスクに関する評価手法の開発と、それによる保険業務の高度化を通じ移管に関して相乗効果をもたらすためのプロジェクトです。本報告書は「森林気象害のリスク評価手法に関する研究」の成果をわかりやすくまとめたものです。

 報告書の内容は、本ページに順次掲載します。

森林気象害リスク評価_hyousi

 

森林気象害リスク評価シンポジウムについて(開催:令和2年2月12日)

写真でみる 林木の気象害と判定法(発行:平成31年3月)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:森林保険センター保険業務部保険業務課

〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町66番地2(興和川崎西口ビル9階)

電話番号:044-382-3503

FAX番号:044-382-3514

Email:hokensinsa.fic@green.go.jp