• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 研究紹介 > 関西支所刊行物 > 林業試験場関西支場年報第16号

ここから本文です。

林業試験場関西支場年報第16号

昭和49年度

photo

林業試験場関西支場

まえがき

都市化の進むにつれ、その周縁地域の環境保全、とりわけ森林施業のあり方に対する厳しい要請が強まっている一方、現社会情勢に対応した、産業としての林業の体系化等が急務とされている。

また、関東地方以西の低山地域では、マツノザイセンチュウ、マツノマダラカミキリによるマツ類の大量枯損が衰えを見せず、その防除に対し、研究、行政両画とも大童わの現状である。

当支場の管轄地域は、我国における上記諸問題の代表的な地域でもあり、当場では、マツ類枯損防止に関する研究をはじめ、都市及び近郊林の環境保全技術、恒久緑化技術、風致林施業、非皆伐施業、 高価値材生産技術などの諸項目を重点的にとりあげ、また、その底辺となるべき関連分野の諸研究も含めて、鋭意努力を重ねているが、これら諸問題の解決には、内外各研究機関との緊密な連けいによ る研究の推進が必要と考える。

ここにお配りする昭和49年度の年報の内容は諸要請に答えるには不充分なものであるが、我々の微意をおくみとりいただければ幸甚である。

終りに臨み、当場の試験研究の遂行に、終始ご理解とご協力、ご援助をいただいている関係各方面の皆様に厚くお礼申上げるとともに、今後もなお一層厳しいご批判と、ご指導、ご協力をお願い申上げ る次第である。

昭和50年8月5日

林業試験場関西支場長黒島

目次

1.研究の動向(PDF:109KB)

  1. 昭和49年度試験研究の動向
  2. 昭和49年度研究目標および研究項目表

2.研究の大要(PDF:994KB)

  1. 共同研究
    • 農林漁業における環境保全的技術に関する総合研究
    • 合理的短期育成林業技術の確立に関する研究
    • マツ類材線虫の防除に関する研究
  2. 各研究室の試験研究
    • 造林研究室
    • 経営研究室
    • 土じょう研究室
    • 防災研究室
    • 樹病研究室
    • 昆虫研究室
    • 岡山試験地

3.研究の実施概要(PDF:165KB)

  1. 滑山スギ人工林皆伐用材林作業収穫試験地
  2. 滑山ヒノキ人工林皆伐用材林作業収穫試験地
  3. 篠谷山スギ人工林皆伐用材林作業収穫試験地
  4. 北山林業の林分解析

4.研究発表題名一覧表(PDF:159KB)

  1. 昭和49年度試験研究発表題名一覧表

5.参考資料(PDF:197KB)

  1. 沿革
  2. 土地および施設
  3. 組織
  4. 会議の開催
  5. 受託研究,調査,指導
  6. 研修,海外出張関係
  7. 見学者
  8. 人の動き

6.試験地一覧表

  1. 試験地一覧表(PDF:117KB)
  2. 気象年表(PDF:122KB)

7.研究発表論文総目録(昭和23年~48年度)(PDF:973KB)

年報第16号(昭和49年度)全てをpdfファイルにて取得したい方はこちら(PDF:2,968KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。