• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 研究紹介 > 関西支所刊行物 > 林業試験場関西支場年報第17号

ここから本文です。

林業試験場関西支場年報第17号

昭和50年度

photo

林業試験場関西支場

まえがき

わが国の林業生産は、将来生産量の増加を見込んでもなお国内の木材需要に充分答えることができず今日程度の外材の輸入を必要とすることが予想されるため、一刻も早く社会経済情勢にマッチした効 率的な生産技術体系を作り上げる必要に迫られ、しかも一方では、森林の木材生産以外の効用の需要 性が最近強調され、木材生産と各種の効用に対する利用の競合調整が切実な問題となっている。森林の各種の効用については抽象的には理解できても相互に比較の可能な数量的把握方法は確立されてお らず、その手法の究明が強く望まれている。以上のような背景のもとに、当支場では50年度におい て次に述べるような研究を実施した。農林省の各研究機関の共同の研究課題である、農林漁業におけ る環境保全的技術に関する総合研究に48年度から引続き育林部の全研究室が参加し、主として都市 近郊林の生態系の変動について研究を行った。また保護部の各研究室では本支場共同でマツの集団枯 損の主原因であることが確認されたマツノザイセンチュウや伝幡者マツノマダラカミキリの生態や防 除法について研究すると共に、そのほか各地に頻発している樹木の病虫害について研究を行なった。 瀬戸内、近畿の地力の劣る低山地帯のマツの集団枯損跡地の更新法について、西日本3支場と共同で、府県林試の協力を得ながら、研究を進め、本年度は主としてマツノザイセンチュウの抵抗性のある外国産マツの植栽成績について調査を実施した。このほか森林の造成、施業、保護、関係の課題から、 生産物の流通問題などの経営経済部門に及ぶ巾広い分野について研究を行なっている。

ここにお配りする昭和50年度の年報は一年間に実行した諸課題の研究内容を簡単に要約したもので はあるが、各位のご参考に供し、今後の研究に対するご意見、ご助言を賜りたい。これらの研究は当 支場の研究員のみでできるものでなく、関係のある各機関の方がたと密接な連けいをとりながら、効 果的に研究を進めており、この機関に平素のご協力、ご援助に対し厚く御礼申し上げる次第である。

昭和51年7月20日

林業試験場関西支場長細井

目次

1.研究の動向(PDF:235KB)

  1. 昭和50年度試験研究の動向
  2. 昭和50年度研究目標および研究項目表

2.試験研究の概要(PDF:2,087KB)

  1. 共同研究
    • 農林漁業における環境保全的技術に関する総合研究
      • (1)都市化にともなう都市近郊林の生態系の変動
      • (2)近畿地方人工林の水保全機能の解明
      • (3)集落再編成の基準と手法
      • (4)家畜排泄物の処理利用技術の開発
    • マツ類枯損激害地域の更新技術
    • マツ類材線虫の防除に関する研究
    • 農林水産生態系における汚染物質の循環と指標生物に関する研究
    • 松くい虫等防除薬剤の残効とその影響
  2. 各研究室の試験研究
    • 造林研究室
    • 経営研究室
    • 土じょう研究室
    • 防災研究室
    • 樹病研究室
    • 昆虫研究室
    • 岡山試験地

3.試験研究資料(PDF:2,503KB)

  1. 高野山ヒノキ人工林皆伐用材林作業収穫試験地
  2. 高野山スギ人工林皆伐用材林作業収穫試験地
  3. 地獄谷アカマツ,ヒノキ,スギ択伐用材林作業収穫試験地
  4. 竜の口山量水試験地観測報告

4.試験研究発表題名一覧表(PDF:310KB)

  1. 昭和50年度試験研究発表題名一覧表

5.組織,情報,その他(PDF:463KB)

  1. 沿革
  2. 土地および施設
  3. 組織
  4. 会議の開催
  5. 受託研究,調査,指導
  6. 研修,海外出張
  7. 見学者
  8. 人のうごき

6.試験地一覧表(PDF:142KB)

  1. 試験地一覧表

7.気象年表(PDF:208KB)

  1. 支場構内
  2. 岡山試験地

年報第17号(昭和50年度)全てをpdfファイルにて取得したい方はこちら(PDF:6,263KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。