• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 研究紹介 > 関西支所刊行物 > 森林総合研究所関西支所年報第50号

ここから本文です。

森林総合研究所関西支所年報第50号

平成21年版

photophoto

平成21年3月に新築した「木造試験家屋」
おもに一時預かり保育室「すぎのこ」として利用
(写真左:外観写真右:室内の様子)

まえがき

関西支所では平成20年度に木造試験家屋を新築しました。これは、平成19年度に採択された文部科学省科 学技術振興調整費女性研究者支援モデル育成事業「応援します!家族責任を持つ女性研究者」の4つの取組の一つとして、本所とともに関西支所にも一時預かり保育室を開設するためのものです。一時預かり保育は、 男女共同参画および次世代育成の観点から、職員の業務と家族責任との両立を支援する職場環境整備の一環として行うもので、既に多くの大学等が一時預かり保育室の運営を開始しています。森林総合研究所は他の農林水産省関連の独立行政法人に先駆けて当該事業に採択され、エンカレッジモデルにより、男女共同参画の推進と、ワーク・ライフ・バランスを図るための職場環境・研究環境の整備に取り組んでいます。すなわ ち、エンカレッジモデルは、研究か家庭か、仕事か家庭かの二者択一ではなく、仕事(ワーク)と生活(ラ イフ)の調和をシステムとして構築することによって、それぞれの能力が存分に発揮される魅力あふれる研 究所の実現を目指すものです。吉川産業技術総合研究所理事長(当時)の言葉を借りれば、「女性の輝かな い社会に明日はない」のです。

新築した木造試験家屋は、主要な建築資材として用いた国産のスギ無垢材にちなんで、愛称を「すぎのこ」としました。一時預かり保育室として使うのと同時に、木質住環境の研究のために、室内の温・湿度測定、音 環境の測定と、化石燃料代替効果の検証のためのペレットストーブ利用試験を実施することとしています。

関西支所の公開講演会を10月20日に開催しました。平成20年度は、その時々にあげた研究成果をトピック ス的に報告するこれまでの研究発表会ではなく、一つのテーマに絞り込んだ「公開講演会」として、「森の土の不思議な世界」をテーマとしました。それが関西支所の研究の一部であっても、関西支所の最近の研究 成果を広く一般の方々に理解していただくことを意図してのことです。

この他にも、下記の3件の公開シンポジウムを企画・開催しました。

丹後半島民家シンポジウム「民家が語る里山の価値」(8月23日)では、里山をうまく活かしてきた知恵と技術がたくさん詰まっている丹後の古民家を対象として、建築や森林利用などの面からこれまで行ってき た研究成果を紹介しました。

クマ類の出没メカニズムに関する国際ワークショップでは、海外の研究者を交えて、これまでの研究成果についての議論と研究の促進を図る研究会「クマ類の出没メカニズム」を11月21日に開催し、翌11月22日に は、一般向けの公開シンポジウム「森の外でクマさんと出遭うわけ」を開催しました。ツキノワグマの里へ の出没が顕著に多い年が数年間隔で生じ、頻発する人身被害への対処として大量捕獲が行われてきました。これに対し、生活の安心・安全の観点と野生動物の保護の観点から、クマ類の出没のメカニズムや非致死的な被害の防止法に関する研究の推進が求められています。国際ワークショップの成果は「FFPRI Scientific Meeting Report 4」(http://www.fsm.affrc.go.jp/Nenpou/other/proceedings-bear20081121-22.pdf)にまとめ ています。

里山に関する公開シンポジウムでは、「これからの里山の保全と活用」と題する講演会を10月28日に開催し、翌29日に現地検討会を開催しました。当研究所の運営費交付金による研究プロジェクト(運営費交付金プロジェクト)「人と自然のふれあい機能向上を目的とした里山の保全・利活用技術の開発」(平成18~20年 度)による研究成果を基にして、マツ枯れの激化やナラ枯れの増加などの里山林の危機的な現状を紹介しな がら、これからの里山を健全に維持していくための保全と活用の方向性について提言しました。なぜ放置し てはいけないのか、何をすればより良い里山になるのかについて解説し、管理の考え方と具体的な手法を提 示するための冊子「里山に入る前に考えること」(http://www.fsm.affrc.go.jp/Nenpou/other/satoyama3_200906.(PDF:2,773KB)) を発行しました。

研究成果は社会には正確に伝わりにくいという問題があるため、木質資源の利用による低炭素社会への転 換を意識した「豊かな生活スタイル」として社会に提案するためには、実証試験を通して実現性のある里山 管理手法の手順と結果を示して、一般社会の認知を高める必要があります。関西支所では、交プロ「現代版 里山維持システム構築のための実践的研究」(平成21~25年度)を開始します。放置された里山の伐採・バ イオマス資源の利用によって健康な里山林を再生し、安定的な環境保全システムを作るための里山研究の一 部は、トヨタ財団の研究助成を受け、居住者・NPO等と協働で「里山の”社会-生態システム”における動的安定性回復のための社会実験」(平成20~22年度)を開始しています。

プロジェクト研究では、一つの目標を達成するために、豊富な知識と発想能力を備えた多様な研究者が組 織的に取り組む必要がありますが、自然科学だけでは技術開発のレベルに留まってしまいます。森林総合研 究所のプロジェクト研究でも、研究成果の社会還元を念頭に置いて、科学知識や開発した技術を人々が使え るようにするための社会科学的手法が必要となります。研究成果を社会・国民に効率的に還元することがで きるように、研究成果が実際に社会で活用されることをイメージさせる社会科学的な研究も盛り込んで、研 究におけるイノベーションを意識して研究することが必要です。里山研究においては、新たな社会システム の構築に向けての「温故知新」、つまり現代における循環型社会の構築に活かすために過去の里山における持続的森林資源管理の技術とその根底にある文化の解明研究が必要とされています。社会と乖離した研究に イノベーションは存在しないし、事実の解明や技術の開発に留まらず、それらのシステムを通して社会に新たな価値を提供することが求められています。

研究成果の普及活動には、その基本となる森林環境教育が重要です。森林総合研究所の存在は、その研究 活動を理解する国民によって支援されているのです。森林とのつきあい方を現代にあった形に直して、森林 資源を循環させることが地球環境の改善に寄与することにもなります。関西支所では、科学技術振興機構(JST)の地域科学技術理解増進活動推進事業を通して、上述の里山に関する研究成果の普及・教育活動を実 践しました。児童・生徒や教師・保護者などの多くの方々に研究成果としての正確な情報を伝えるために、 「里山と人のつながり」と「森林の健康とは」をテーマとして、「森林研究と自然学習とのコラボレーショ ン-コンセプトと活動事例-」(http://www.fsm.affrc.go.jp/Nenpou/other/shizen-gakushu_200905.(PDF:1,031KB))を刊 行しました。

平成21年9月

森林総合研究所関西支所長 藤井智之

目次

1.平成20年度研究課題一覧(PDF:34KB)

  1. 森林総合研究所関西支所関係抜粋

2.関西支所における研究課題の取り組み(PDF:12KB)

3.平成20年度関西支所の研究概要(PDF:104KB)

  1. 森林吸収量把握システムの実用化に関する研究
  2. アジア陸域炭素循環観測のための長期生態系モニタリングとデータのネットワーク化促進に関する研究
  3. 地球温暖化が農林水産業に及ぼす影響の評価と高度対策技術の開発
  4. 環境変動と森林施業に伴う針葉樹人工林のCO2吸収量の変動評価に関する研究
  5. 温暖化の危険な水準及び温室効果ガス安定化レベル検討のための温暖化影響の総合的評価に関する研究
  6. 熱帯地域における森林の劣化・修復に関する調査
  7. 炭素貯留と生物多様性保護の経済効果を取り込んだ熱帯生産林の持続的管理に関する研究
  8. CDM植林が生物多様性に与える影響評価と予測技術の開発
  9. 合法性・持続可能性木材の証明のための樹種・産地特定技術の開発
  10. 島嶼生態系の維持管理技術開発
  11. 島嶼生態系における侵入種の拡散および適応機構の解明
  12. 極端な葉フェノロジー多型の進化適応的意義と種の絶滅・侵入リスク評価
  13. 複数の外来種のいる動物群集プロセスを考慮した奄美大島の生態系管理
  14. 沖縄ヤンバルの森林の生物多様性に及ぼす人為の影響の評価とその緩和手法の開発
  15. 小笠原諸島における帰化生物の根絶とそれに伴う生態系の回復過程の研究
  16. 生物間相互作用に基づくニホンジカ密度の推定法と広域的な森林生態系管理手法の開発
  17. 生物多様性条約2010年目標達成評価のための森林リビングプラネットインデックス開発に関する研究
  18. 沖縄本島産希少哺乳類の生存と分布の確認調査
  19. 遺伝情報に基づいたツキノワグマ保護管理ユニットの策定
  20. クロマツの第二世代マツ材線虫病抵抗性種苗生産システムの構築
  21. ナラ類集団枯損の予測手法と環境低負荷型防除システムの開発
  22. 総合的な鳥獣害管理技術の開発
  23. カワウ被害軽減のための効果的なコロニーおよびねぐら管理手法の開発
  24. 大面積風倒発生地における植生遷移とニホンジカによる利用度の推移
  25. エゾジカ個体群の爆発的増加に関する研究
  26. ツキノワグマの出没メカニズムの解明と出没予測手法の開発
  27. 水流出に及ぼす間伐影響と長期変動の評価手法の開発
  28. 川根本町景観モデル地区における景観活用地域づくり普及・啓発活動に関する調査研究
  29. 循環型社会における木材の役割を重視した木の環境学習教材の開発と実践
  30. 日本における木彫像の樹種と用材観に関する調査
  31. 西日本における植生と景観形成に及ぼした野火の影響
  32. 文化財建造物の保存に必要な木材及び植物性資材の安定確保の基礎的要件に関する研究
  33. 里山の”社会-生態システム”における動的安定性回復のための社会実験
  34. 人と自然のふれあい機能向上を目的とした里山の保全・利活用技術の開発
  35. 日本列島における人間-自然相互関係の歴史的・文化的検討
  36. 里山イニシアティブに資する森林生態系サービスの総合評価手法に関する研究
  37. 林業経営体の経営行動のモデル化と持続可能な経営条件の定量的評価
  38. 「日本林業モデル」の開発と新林業システムの経済評価
  39. 農山村地域における森林を取り巻く行財政システムに関する研究
  40. 地域資源活用と連携による山村振興
  41. 違法伐採対策等のための持続可能な森林経営推進計量モデル開発事業
  42. 中国における木材市場と貿易の拡大が我が国の林業・木材産業に及ぼす影響の解明
  43. 大面積皆伐についてのガイドラインの策定
  44. タケ資源の持続的利用のための竹林管理・供給システムの開発
  45. 広葉樹林化のための更新予測および誘導技術の開発
  46. 多面的な森林の調査、モニタリングおよび評価技術の開発
  47. 基準・指標を適用した持続可能な森林管理・計画手法の開発
  48. 北方天然林における持続可能性・活力向上のための森林管理技術の開発
  49. スギ雄花形成の機構解明と抑制技術の高度化に関する研究
  50. 森林資源保全のための樹木遺伝子バーコードの基盤構築と有効性に関する研究
  51. 森林の物質動態における土壌の物理・化学的プロセスの解明
  52. 土壌・微生物・植物間の物質動態に関わる生物・化学的プロセスの解明
  53. 森林土壌におけるエステル硫酸態イオウの保持機構の解明
  54. 新しい機器を用いた樹木根系の空間分布及び動態の解明
  55. 土壌撹乱を最小化した細根生産量の新たな評価方法の確立
  56. 森林流域の水質モニタリングとフラックスの広域評価
  57. 根の生理指標を用いた土壌酸性化に対する樹木への影響評価
  58. 森林生態系の微気象特性の解明
  59. 基岩-土壌-植生-大気連続系モデルの開発による未観測山地流域の洪水渇水の変動予測
  60. 森林の呼吸量推定の高精度化
  61. 環境変化にともなう野生生物の遺伝的多様性および種多様性の変動要因解明
  62. 野生生物の生物間相互作用の解明
  63. 森林健全性保持のために重要な生物群の分類・系統解明
  64. 森林タイプ・樹齢・地質の違いが底生動物の群集構造に与える影響の解明
  65. 微生物の多様性解析とインベントリーデータベースの構築
  66. DNAバーコードと形態画像を統合した寄生蜂の網羅的情報収集・同定システム
  67. マツタケ養分獲得に関する生物相互作用の解明
  68. 樹木加害微生物の樹木類への影響評価と伝播機構の解明
  69. 媒介昆虫と病原菌の遺伝的変異と病原性の変異からナラ枯れの起源に迫る
  70. 森林植物の分布要因や更新・成長プロセスの解明
  71. 森林水文モニタリング
  72. 収穫試験地における森林成長データの収集
  73. 女性研究者支援モデル事業応援します!家族責任を持つ女性研究者

4.主要な研究成果(PDF:127KB)

  1. ヒノキ人工林と広葉樹二次林の下層植生の比較
  2. 超小型チャンバーを用いた森林内の様々な有機物からCO2放出量測定の試み
  3. メタン濃度プロファイルの尾根及び谷タワー間比較
  4. 森林伐採法が木材腐朽菌多様性に及ぼす影響-マレーシアサバ州での一例-
  5. ケケンポテシてんぐ巣病ファイトプラズマの分子系統解析
  6. ニホンジカによる攪乱跡地利用とその早期検出
  7. 森林タイプと渓流性底生動物との関係
  8. ガーナ国における林業・木材産業の動向と違法伐採対策

5.研究資料(PDF:98KB)

  1. アカマツ天然林伐採後に植栽されたヒノキ人工林の成長-奥島山収穫試験地(滋賀県近江八幡市)定期調査報告-
  2. 新重山ヒノキ収穫試験地(広島県上石郡)の林分構造と成長

6.関西支所公開講演会記録森の土の不思議な世界(PDF:63KB)

  1. はじめに:土が森を創り、森が土を創る
  2. 土の中を動くモノ、留まるモノ
  3. 森を支える根っこたち
  4. 土と根をつなぐ生きもの
  5. あなたの足下に数千匹-小さな小さな動物たち-

7.試験研究発表題名(PDF:104KB)

  1. 平成20年度 試験研究発表題名一覧

8.組織・情報・その他(PDF:80KB)

  1. 沿革
  2. 土地及び施設
  3. 組織
  4. 人の動き
  5. 会議等の開催
  6. 受託出張
  7. 職員研修
  8. 受託研究員受入
  9. 特別研究員
  10. 海外派遣・出張
  11. 業務に必要な免許の取得・技能講習等の受講
  12. 見学者
  13. 試験地一覧表
  14. 気象年報
  15. 標本展示・学習館

年報第50号(平成21年版)全てをpdfファイルにて取得したい方はこちら(PDF:586KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。