ホーム > 業務紹介 > 沿革

更新日:2017年3月30日

ここから本文です。

沿革

  • 昭和32~33年

           ○林野庁中央林木育種場及び北海道、東北、関西、九州の各林木育種場を設置

  • 昭和34~35年

           ○中央林木育種場を関東林木育種場と改称(34年)

           ○奥羽、長野、山陰、四国の各支場を設置

  • 昭和53年

           ○国有林野事業特別会計から一般会計へ一部移替

           ○長野支場を長野事業場に改組

  • 平成3年

           ○林木育種場を再編整備し、北海道、東北、関西、九州の各育種場を内部組織とする林木育種センターを設置

           ○奥羽、山陰、四国の支場を各事業場に改組

  • 平成7年

           ○林木育種センター(本所)の所在地を水戸市笠原町から茨城県多賀郡十王町に移転

  • 平成8年

           ○西表熱帯林育種技術園を沖縄県西表島に設置

  • 平成13年

           ○独立行政法人林木育種センターに移行

  • 平成19年

    ○独立行政法人森林総合研究所と統合   森林バイオ研究センターを設置

  • 平成27年

    ○国立研究開発法人 森林総合研究所 林木育種センターに名称変更

  • 平成29年

    ○国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 林木育種センターに名称変更


お問い合わせ

所属課室:森林総合研究所林木育種センター育種企画課 

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ikusyu@ffpri.affrc.go.jp