ホーム > 業務紹介 > 海外に対する林木育種技術協力

更新日:2017年3月30日

ここから本文です。

海外に対する林木育種技術協力

  温暖化や森林減少などの地球環境問題への取り組みとして、特に熱帯・亜熱帯地域での森林の再生・保全は大きな課題です。森林造成に必要な優良な種苗の確保のために、これらの地域での林木育種の推進がますます重要となっています。
  森林総合研究所林木育種センターでは、熱帯産の早生樹種や乾燥に強い樹種、防風・防潮効果に優れた樹種などを対象に、優良クローンの増殖、採種(穂)園の管理などの技術の開発を行うほか、海外からの研修員の受け入れや海外協力プロジェクトへの専門家派遣などを通じた技術指導を行っています。
  特に、沖縄県西表島に設置した西表熱帯林育種技術園では、その亜熱帯環境を活用して、熱帯・亜熱帯の樹種に関する育種技術の開発、技術指導などを行っています。

技術協力に必要な林木育種技術の開発  

海外に対する技術指導  

林木育種に関する技術協力、共同研究

海外林木育種事情調査

西表熱帯林育種技術園の紹介

 

 

 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:森林総合研究所林木育種センター育種企画課 

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ikusyu@ffpri.affrc.go.jp