ホーム > 業務紹介 > 海外に対する林木育種技術協力 > 技術協力に必要な林木育種技術の開発

更新日:2015年9月25日

ここから本文です。

技術協力に必要な林木育種技術の開発

 熱帯・亜熱帯地域の樹種などを対象に、海外の林木育種技術の開発に取り組んでいます。

各種育種技術マニュアルの整備

つぎ木、さし木などのクローン化技術の開発

1             2

         さし木の発根試験                              空中とり木の試験(カラットツリー)

   (カマバアカシア Acacia auriculiformis)                           (Erythrina abyssinica

採種園・採穂園の管理技術の開発

3             4

アカシアアウリカリフォルミス採穂園の樹型誘導試験                   生息域外保存のモルッカネム

 (西表熱帯林育種技術園5年生、樹高3m)           Paraserianthes falcataria の着花習性調査(西表熱帯林育種技術園7年生、樹高13m)



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:森林総合研究所林木育種センター育種企画課 

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ikusyu@ffpri.affrc.go.jp