• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 業務紹介 > 林木の新品種の開発と普及

ここから本文です。

更新日:2017年3月9日

林木の新品種の開発と普及

  林木育種事業は、山崩れの防止やCO2の吸収、木材の生産など森林の多面的な機能を発揮させるため、優れた遺伝的特性を持つ品種を開発することを目的としています。
  全国で成長・形質の優れた木を選抜する精英樹選抜育種事業を昭和29年に開始し、その後、時代の要請に応え、松くい虫などの病虫害や気象害への抵抗性品種、花粉の少ないスギなどの花粉症対策品種を開発してきました。

林木育種の方法と成果の利用

精英樹と次世代育種

多様な目的に合わせた育種

新しく開発した品種


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:林木育種センター育種企画課 

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ikusyu@ffpri.affrc.go.jp