ホーム > 業務紹介 > 林木の新品種の開発と普及 > 優良品種・技術評価委員会

更新日:2018年3月20日

ここから本文です。

優良品種・技術評価委員会

優良品種・技術評価委員会

 森林総合研究所林木育種センターでは、成長や材質に優れた品種、花粉の少ないスギ品種、マツノザイセンチュウ抵抗性品種などの品種の種別ごとに一定の基準を設けて基準を超える優良な品種を、開発した新品種として普及しています。
平成21年度に、品種開発における基準をより明確化することで開発品種の更なる質的向上に資するため、当センターに外部有識者を加えた優良品種評価委員会を設置しました。
委員会においては、これまでの都道府県及び国有林野事業と当センターの連携による品種開発に加えて、都道府県や民間等が独自に開発した品種についても評価の対象とし、社会的ニーズに対応した、より一層の林木育種の円滑かつ的確な実施の推進を図ることとしています。
また平成23年度から、優良品種の種子や穂木の質や量に影響を与える採種園・採穂園の管理技術の水準の向上を図ることを目的として、委員会が優れた技術や管理を行っている技術者・団体等を優良な育種技術を有する者(優良育種技術認定者:シードマスター)として認定することになりました。
これに伴い、優良品種評価委員会を優良品種・技術評価委員会とし、委員会の設置要領を一部改正しました。

 

 国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所林木育種センター優良品種・技術評価委員会設置要領(PDF:149KB)
優良品種評価申請書等様式(ワード2007:18KB)

品種評価基準
優良品種・技術評価委員会が品種の種別ごとに定めた評価基準です。

品種開発実施要領
林木の品種開発に際して行う調査・検定の方法を定めています。

平成29年度優良品種・技術評価委員会(第1回)

  平成29年12月18日TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター会議室にて、優良品種・技術評価委員会が開催され、マツノザイセンチュウ抵抗性品種の品種開発実施要領及び品種評価基準について意見を伺い、従来よりも病原性が強いマツノザイセンチュウを用いた接種検定を行った場合、従来よりも抵抗性レベルの高い抵抗性品種として開発できるように、要領の中で位置付けることとしました。

国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所林木育種センター品種開発実施要領-マツノザイセンチュウ抵抗性品種-(PDF:215KB)

国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所林木育種センター優良品種・技術評価委員会品種評価基準-マツノザイセンチュウ抵抗性品種-(PDF:117KB)

 

平成29年度優良品種・技術評価委員会(第2回)

  平成30年1月26日TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター会議室にて、優良品種・技術評価委員会が開催され、花粉症対策品種2系統、マツノザイセンチュウ抵抗性品種39系統が品種評価基準を満たしていると評価されました。

品種評価
花粉症対策品種
スギ 無花粉スギ2系統(関東育種基本区)
※ 1系統は静岡県からの申請

マツノザイセンチュウ抵抗性品種
クロマツ 5系統 (東北育種基本区)
アカマツ 18系統(関西育種基本区)
クロマツ 6系統 (関西育種基本区)
クロマツ 10系統(九州育種基本区)
※ 従来よりも抵抗性レベルが高い抵抗性品種を含む
※ 関西育種基本区のアカマツ、九州育種基本区の開発品種については第二世代品種

 

 

 

 



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:森林総合研究所林木育種センター育種企画課 

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ikusyu@ffpri.affrc.go.jp