ホーム > 研究組織

更新日:2017年3月31日

ここから本文です。

森林総合研究所林木育種センター研究組織紹介

育種部

林木の品種改良及び増殖に関する調査及び研究を行っています。
また、林木育種事業に関する企画、立案及び調査並びに実施に関することを行っています。 

 検定林

組織紹介

林木の新品種の開発

研究成果

 

遺伝資源部

林木の有用・希少・多様な遺伝子を収集・保存する林木ジーンバンク事業の推進を通して、
全国各地にある林木遺伝資源保存林等の保護林や収集した林木遺伝資源の特性評価
および評価手法の開発そして保存技術の開発に関する研究を行っています。 

 木の種子

組織紹介

遺伝資源の収集・保存・配布

研究成果

 

海外協力部

開発途上国の林木育種に対する協力に必要な育種技術の開発や
地球温暖化対策に役立つ耐乾燥性、耐風性などの特質を持った品種の選抜育種研究を行っています。 

海外協力 

組織紹介

海外に対する林木育種への取組

研究成果

 

 森林総合研究所森林バイオ研究センター

森林バイオ分野における研究部門と育種部門の連携を推進するために、2007年4月に設立されました。
優良種苗の普及に向けて遺伝子レベルでの取組により、雄性不稔など新たな性質を有する樹木の開発に係る研究を行っています。 

 

遺伝子組換スギ 

組織紹介

先端技術の林木育種への応用

研究成果

 

 

お問い合わせ

所属課室:森林総合研究所林木育種センター育種企画課 

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ikusyu@ffpri.affrc.go.jp