ここから本文です。

森林総合研究所森林バイオ研究センター

平尾  知士(ひらお  とものり)

 森林総合研究所森林バイオ研究センター森林バイオ研究室  主任研究員(育種部育種第一課基盤技術研究室  併任)

研究テーマ 育種期間短縮のための有用遺伝子の探索と発現解析に関する研究
主な研究業績

Thwe-Thwe-Win (東京大学)・HIRAO Tomonori・GOTO Susumu (東京大学)(2016)Genetic composition of exotic and native teak (Tectona grandis) in Myanmar as revealed by cpSNP and nrSSR markers (葉緑体SNPと核SSRマーカーを使ったミャンマーにおけるチークの遺伝的比較),Conservation Genetics 17:251-258(DOI 10.1007/s10592-015-0777-2)

Tomonori Hirao・Eitaro Fukatsu・Atsushi Watanabe(2012)Characterization of resistance to pine woodnematode infection in Pinus thunbergii using suppression subtractive hybridization(マツノザイセンチュウ抵抗性メカニズムの解明), BMC Plant Biology 12:13

Hirao T・Watanabe A・Kurita M・Kondo T・Takata K(2009)A frameshift mutation of the chloroplast matK coding region is associated with chlorophyll deficiency in the Cryptomeria japonica virescent mutant Wogon-sugi(スギの葉緑体DNA全塩基配列の決定)Current Geneticsvol.55p311~321

書籍、総説

平尾知士(2016)マツ材線虫病抵抗性の分子メカニズム,森林総合研究所百十年のあゆみ:269-270

平尾知士(2015)林木育種の最前線-2011年度~2015年度の主要成果-:22 37

マツノザイセンチュウの感染に対する寄主マツ遺伝子の応答(2014.10)線虫学実験(京都大学学術出版会)、309pp.(3ページ)(分担執筆)

学会発表

平尾知士・松永孝治・田村美帆(九州大学)・渡辺敦史 (九州大学)(2017)GBS法を利用したクロマツにおけるマツノザイセンチュウ抵抗性のQTL解析,育種学研究 19:178

HIRAO Tomonori・MATSUNAGA Koji・TAMURA Miho(九州大学)・WATANABE Atsushi(九州大学)(2017)Identification of QTL for Pine Wood Nematode resistance in Japanese Black Pine (Pinus thunbergii(クロマツにおけるマツノザイセンチュウ抵抗性QTLの同定),Plant and Animal GenomeXXXV Confarence P0585

平尾知士・村上聡 (サーモフィッシャーサイエンティフィック)(2016)ターゲットリシーケンスによるクロマツ遺伝子多型の検出,森林遺伝育種学会第5回大会講演要旨集 p.16

平尾知士・山口莉未(九州大学)・渡辺敦史(九州大学)(2016)マツ材線虫病に対するクロマツ生体防御反応の遺伝子発現解析,日本森林学会大会学術講演集 127:P1-213

HIRAO Tomonori・MATSUNAGA Koji・MISHIMA Kentaro・WATANABE Atsushi (九州大学)(2016)QTL mapping of Pine Wood Nematode (PWN) resistance in Pinus thunbergii.(クロマツにおけるマツノザイセンチュウ抵抗性のQTLマッピング),Plant & Animal Genome Conference XXIV:P1178

平尾知士・山口莉未(九州大学)・渡辺敦史(九州大学)(2015)マツ材線虫病に対しるクロマツ生体防御反応の解明に向けた遺伝子発現解析,森林遺伝育種学会大会講演要旨集 4:28

平尾知士(2015.03)順遺伝学的アプローチによるマツ材線虫病に対するクロマツ生体防御反応の解明,第126回日本森林学会大会学術講演集

Tomonori Hirao・Koji Matsunaga・Kentaro Mishima・Atsushi Watanabe(2015.01)QTL mapping combined with microarray profiling data for the identification of Pine wood nematode (PWN) resistance genes in Pinus thunbergii.(クロマツにおけるマツノザイセンチュウ抵抗性遺伝子の同定に関するマイクロアレイ解析を組み合わせたQTL解析),Plant and Animal Genome XXIII:0229

平尾知士・三嶋賢太郎・田村美穂(九州大学)・渡辺敦史(九州大学)(2014.03)スギ次世代育種に向けたDNAマーカーの開発とその利用,第125回日本森林学会大会

Tomonori Hirao・Atsushi Watanabe(Kyushu Uni.)(2014.01)A Time-Course Comparative Microarray Analysis of Different Genotypes in Japanese Black Pine (Pinus thunbergii) during Attack By Virulent Nematode (Bursaphelenchus xylophilus) and Avirulent Nematode (B. mucronatus),Plant and Animal Genome XXII

平尾知士・渡辺敦史(2013.11)EST-SSRマーカーを用いたクロマツ・アカマツの雑種識別,森林遺伝育種学会 第2回大会

その他

平尾知士・三嶋賢太郎・能勢美峰・渡辺敦史 (九州大学)(2017)革新的に高速化した新生代林業用種苗作出の開発、4有用特性と連鎖したマーカーの発現解析,研究成果第571集「森林資源を最適利用するための技術開発-新世代林業種苗を短期間で作出する技術の開発-」(農林水産省農林水産技術会議事務局) pp.24-28

平尾知士(2016)林野庁委託事業「マツノザイセンチュウ抵抗性品種開発技術高度化事業」中間報告,林木育種情報 20:2

表彰・受賞・特許 第9回林木育種研究奨励賞(2009)

 

お問い合わせ

所属課室:森林総合研究所林木育種センター育種企画課 

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ikusyu@ffpri.affrc.go.jp