ここから本文です。

森林総合研究所森林バイオ研究センター

谷口  亨(たにぐち  とおる)

遺伝資源部  保存評価課長(森林総合研究所森林バイオ研究センター森林バイオ研究室長  併任)

研究テーマ 樹木組織培養、スギの雄性不稔化、遺伝子組換え樹木の野外試験
主な研究業績

谷口亨・河村文郎(2016)薬用系木本植物カギカズラの根の液体培養,関東森林研究 67:53-56

谷口亨・石井克明(2015)薬用系木本植物カギカズラの組織培養,関東森林研究 66:99-100

Toru Taniguchi • Ken-ichi Konagaya • Manabu Kurita • Naoki Takata • Katsuaki Ishii • Teiji Kondo • Fumiaki Funahashi • Seiichi Ohta • Tomomi Kaku • Kei’ichi Baba • Rumi Kaida • Takahisa Hayashi (2012) Growth and root sucker ability of field-grown transgenic poplars overexpressing xyloglucanase. Journal of Wood Science. 58:550–556

Kurita M, Konagaya K, Watanabe A, Kondo T, Ishii K, Taniguchi T (2012) The promoter of an A9 homolog from the conifer Cryptomeria japonica imparts male strobilus-dominant expression in transgenic trees. Plant Cell Reports, DOI 10.1007/s00299-012-1365-2

Manabu Kurita, Toru Taniguchi, Ryogo Nakada, Teiji Kondo and Atsushi Watanabe(2011) Spatiotemporal gene expression profiles associated with male strobilus development in Cryptomeria japonica by suppression subtractive hybridization. Breeding Science 61: 174-182

Taniguchi T, Ohmiya Y, Kurita M, Tsubomura M, Kondo T. (2008) Regeneration of transgenic Cryptomeria japonica D. Don after Agrobacterium tumefaciens-mediated transformation of embryogenic tissue. Plant Cell Rep. 27: 1461-1466

Taniguchi T, Ohmiya Y, Kurita M, Tsubomura M, Kondo T, Park YW, Baba K, Hayashi T. (2008) Biosafety assessment of transgenic poplars overexpressing xyloglucanase (AaXEG2) prior to field trials. J. Wood Sci. 54 408-413

書籍、総説

谷口亨(2016)森林総合研究所110年のあゆみ,65-269

林隆久(東京農大)・海田るみ(東京農大)・谷口亨(2016)キシログルカン構成分解によるポプラの改変.植物細胞壁実験法(石井忠ら編、弘前大学出版会):337-348

谷口亨、石井克明(森林総研フェロー)(2015)薬用系樹木カギカズラとワダツミノキの増殖技術の開発,林木育種の最前線-2011年度〜2015年度の主要成果:39

谷口亨・河村文郎・石井克明(森林総研フェロー)(2015)国産の「カギカズラ」で漢方薬を作る ―組織培養で増やし、枝の薬用成分を探る―,平成27年度版 成果選集2015: 68-69

谷口亨、小長谷賢一(2012) スギの形質転換プロトコール. 形質転換プロトコール, 化学同人 pp286-293

谷口亨 (2012) クヌギの形質転換プロトコール. 形質転換プロトコール, 化学同人 pp280-285

学会発表

谷口亨(2017)薬用系樹木カギカズラの生産効率化手法の開発,平成28年度林木育種成果発表会(木材会館) 成果発表6番目

谷口亨・河村文郎・高田直樹・磯田圭哉・松下通也・佐藤新一・濱本光・佐藤省治(2016)キハダ23年生クローンのアルカロイド含有率と成長,第6回関東森林学会大会講演要旨集 p38

谷口亨・河村文郎・新原修一 (鹿児島県森林技術総合センター)・高田直樹・大竹真弓 (ツムラ)・河下美都里 (ツムラ)・橋本和則 (ツムラ)(2016)薬用樹木カギカズラのアルカロイド含有率及び組織培養によるクローン増殖,第34回日本植物細胞分子生物学会(上田)大会 p107

谷口亨(2016)薬用系機能性樹木の生産効率化手法の開発に向けた取組,平成27年度林木育種成果発表会

谷口亨・小長谷賢一・七里吉彦・栗田学(2015)遺伝子組換え雄性不稔スギの隔離ほ場栽培に向けた生物多様性影響評価,第33回日本植物細胞分子生物学会(盛岡)大会・シンポジウム講演要旨集:10B-11

谷口亨・小長谷賢一・栗田学 (2013.09)緩速予備凍結法によるスギの 不定胚形成細胞の超低温保存,第31回日本植物細胞分子生物学会(札幌)大会,シンポジウム講演要旨集p.159

石井克明・高田直樹・谷口亨(2013.11)薬用機能性樹木の組織培養,森林遺伝育種学会第2回大会講演要旨集 p.4

谷口亨 ,小長谷賢一 ,栗田学, 高田直樹 (2012) スギの不定胚形成細胞の凍結保存. 第30回日本植物細胞分子生物学会(生駒)大会・シンポジウム講演要旨集p157

谷口亨他 (2012) キシログルカナーゼを過剰発現させた遺伝子組換えポプラの野外栽培試験:成長量と根萌芽発生数及び土壌のモニタリング 森林遺伝育種学会第1回大会(東京)

谷口亨、栗田学、小長谷賢一、林隆久、樫村友子、于翔、菊池彰、渡邉和男(2012)遺伝子組換えポプラを栽培した土壌のモニタリング調査. 筑波大学遺伝子実験センター形質転換植物デザイン研究拠点平成23年度成果報告会(筑波)

表彰・受賞・特許 第50回林木育種賞(2007)

 

お問い合わせ

所属課室:森林総合研究所林木育種センター育種企画課 

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ikusyu@ffpri.affrc.go.jp