更新日:2017年10月11日

ここから本文です。

遺伝資源部

磯田  圭哉(いそだ  けいや)

遺伝資源部探索収集課  分類同定研究室長

研究テーマ 林木遺伝資源の利用促進に向けた探索・収集技術の開発
主な研究業績

磯田圭哉・木村恵・遠藤圭太・塙栄一・高橋誠・矢野慶介・那須仁弥・宮本尚子・岩泉正和・篠﨑夕子・大谷雅人 (兵庫県立大)・平岡宏一 (元林木育種センター職員)(2017)群馬県片品村シラカンバ林木遺伝資源保存林におけるモニタリング調査(5年目)の結果,平成28年版林木育種センター年報 172-176

磯田圭哉・那須仁弥・岩泉正和(2016)アカマツ広域産地試験地の造成,森林遺伝育種 5:223-225

Fujimoto T.・Chiyoda K.・Yamaguchi K.・Isoda K. (2014) Heritability estimates for wood stiffness and its related near-infrared spectral bands in sugi (Cryptomeria japonica) clones. J. For. Res. 10.1007/s10310-014-0464-z

磯田圭哉・笹島芳信・岩泉正和(2014)希少樹木講座3:近畿・中国・四国地方における絶滅危惧種の保全.樹木医学研究 18(2):57-61.

磯田圭哉・松永孝治・大平峰子・倉本哲嗣(2009)クロマツさし木クローンを用いたマツノザイセンチュウ抵抗性の評価.関東森林研究 60:109-112.

磯田圭哉・徐六一(2008)バビショウのクローン識別のためのSCARマーカーの開発.関東森林研究 59:97-100.

Isoda, K.・Watanabe, A. (2006) Isolation and characterization of microsatellite loci from Larix kaempferi. Mol. Ecol. Notes,  6:664-666.

磯田圭哉・渡辺敦史(2006)アカシア・マンギウムSSRマーカーの開発.林木育種センター研究報告 22:51-60.

Isoda K.・Shiraishi S. (2001) Allelic sequence polymorphisms in the intron region of the nuclear-encoded GapC gene preceded the speciation of three closely related Abies species (Pinaceae). Theor. Appl. Genet. 102:244-250.

Isoda K.・Shiraishi S.・Watanabe S.・Kitamura K. (2000) Molecular evidence of natural hybridization between Abies veitchii and A. homolepis (Pinaceae) revealed by chloroplast, mitochondrial and nuclear DNA markers. Mol. Ecol., 9:1965-1974

Isoda K.・Shiraishi S.・Kisanuki H. (2000) Classifying Abies Species (Pinaceae) based on the sequence variation of a tandemly repeated array found in the chloroplast DNA trnL and trnF intergenic spacer. Silvae Genetica 49:161-165.

Isoda, K.・Brodribb, T.・Shiraishi, S. (2000) Hybrid origin of Athrotaxis laxifolia (Taxodiaceae) confirmed by random amplified polymorphic DNA analysis. Aust. J. Bot., 48(6):753-758.

磯田圭哉・白石進・木佐貫博光(2000)葉緑体DNAスペーサー領域の塩基配列分析および核DNAのRAPD分析による本邦産モミ属の系統分類学的位置の解明.日本林学会誌 82:333-341.

Isoda K.・Shiraishi S. (1999) Identification of chloroplast DNA haplotypes of Abies firma and A. homolepis using a polymerase chain reaction with species-specific primers. J. For. Res. 4:291-294.

白石進・磯田圭哉・渡辺敦史・河崎久男(1996)蔵王山系馬ノ神岳に生存するカラマツのDNA分類学的解析.日本林学会誌 78:175-182.

学会発表

磯田圭哉・松下通也・山田浩雄・近藤禎二 (森林総研非常勤職員)・大塚次郎・生方正俊(2017)広島県庄原市のコウヨウザン林におけるクローン構成の解明と成長形質のクローン間変異の解析,第128回日本森林学会大会学術講演集 150

磯田圭哉・山田浩雄・近藤禎二 (森林総研非常勤職員)・大塚次郎・生方正俊(2016)さし木造林されたコウヨウザン林における成長形質のクローン間変異の解析,森林遺伝育種学会第5回大会講演要旨集 18

磯田圭哉・上野真義・久保田正裕・三浦真弘・倉本哲嗣・倉原雄二・竹田宜明・大塚次郎・飯野貴美子・飯田啓達・近藤禎二(森林総研非常勤職員)・山田浩雄・生方正俊(2016)国内コウヨウザン人工林における遺伝的多様性の解明,日本森林学会大会学術講演集 127:1-118

磯田圭哉・杉本博之(山口県農林総セ)(2015.03)抵抗性アカマツ3品種へのマツノマダラカミキリ非選好性試験,日本森林学会大会学術講演集,126:230

磯田圭哉・河合慶恵・山田浩雄(2014.11)三重不稔(関西)1号と「爽春」の保有する雄性不稔遺伝子の相同性の確認,応用森林学会大会研究発表要旨集,65:27

磯田圭哉・岡村政則(森林総研非常勤職員)・笹島芳信・河合貴之・祐延邦資(森林総研非常勤職員)(2014.11)関西育種基本区選抜ヒノキ精英樹のさし木発根性および苗形態特性の評価,森林遺伝育種学会大会講演要旨集,3:22

磯田圭哉・山口和穂(2013.11)アカマツの直播およびコンテナ苗の3年間の成育特性,第64回応用森林学会発表要旨集,52

磯田圭哉・岡村政則・笹島芳信・河合貴之・祐延邦資(2013.11)関西育種基本区選抜ヒノキ精英樹のさし木苗形態特性の調査,森林遺伝育種学会第2回大会講演要旨集,8

その他

磯田圭哉・岩泉正和・山口和穂・久保田正裕・笹島芳信・祐延邦資(2014)関西育種場におけるマツ材線虫病対策の取組みについて.森林・林業交流研究発表集録(平成25年度), 146-149

磯田圭哉・河合慶恵・山口和穂・久保田正裕・山田浩雄(2013)関西育種基本区におけるスギ雄性不稔遺伝子保有個体の探索.林木育種センター年報(平成25年度), 55-59

磯田圭哉(2011)アカシアの育種とハイブリッド化技術の開発.シンポジウム「早生樹最前線」要旨集, 1-6.

磯田圭哉・山田浩雄(2010)関西育種基本区内スギ精英樹花粉のアレルゲン含量の測定・評価.平成22年版林木育種センター年報, 43-48.

磯田圭哉・磯田圭哉・中田博(2007)海外の林木育種事情(15)-インド(チーク)-.林木の育種 224:13-14.

磯田圭哉・近藤禎二(2007)海外の林木育種事情(16)-タイ-.林木の育種 224:39-40.

磯田圭哉・渡邉淳史・倉本哲嗣(2007)分子遺伝学的手法によるマツノザイセンチュウ抵抗性育種へのアプローチ.林木の育種 224:13-14.

中田博・磯田圭哉(2006)海外林木育種・遺伝資源(7) 東南アジア及びインド亜大陸原産地域におけるチーク(Tectona grandis)育種の近況.熱帯林業 67:71-77.

Nakata, H.・Isoda, K., Is teak improving? (2006) Tropical Forest Update, A newsletter from the ITTO 15(4):17-19.

磯田圭哉(2004)インドネシアにおけるフタバガキ科Shorea leprosulaの遺伝的多様性について.林木の育種 211:103-104.

磯田圭哉(2002)DNA分析技術を用いたモミ属およびカラマツ属の森林遺伝学的研究.林木の育種 204:5-6.

白石進・磯田圭哉・渡辺敦史(1996)分類困難な日本産針葉樹のDNA分類・系統学的解析.森林文化研究 17:123-132.

白石進・磯田圭哉・渡辺敦史・河崎久男(1995)DNAが語る馬ノ神岳カラマツの生い立ち.林木の育種 177:1-5.

 

お問い合わせ

所属課室:森林総合研究所林木育種センター育種企画課 

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ikusyu@ffpri.affrc.go.jp