更新日:2017年10月11日

ここから本文です。

遺伝資源部

山田  浩雄(やまだ  ひろお)

遺伝資源部  探索収集課長

研究テーマ 林木遺伝資源の探索・収集、増殖・保存、特性評価、情報管理 
主な研究業績

山田浩雄・橋本良二(2014)シイノキ種子における出芽タイミングの変異.植物地理・分類研究61:95-102.

山田浩雄・田村明・福田陽子・矢野慶介・阿部正信・大城浩司(2013)北方針葉樹の採種園における着果母樹の出現状況と豊凶判断.北方森林研究61:59-61.

山田浩雄・久保田正裕・磯田圭哉(2011)クヌギ精英樹F1実生採種園の家系内選抜により実現された初期成長の改良効果.日本森林学会誌93:139-142.

山田浩雄・倉原雄二・倉本哲嗣・松永孝治・大平峰子・星比呂志(2011)BLP法を用いたCO2吸収固定能力の高いスギ精英樹の評価-九州育種基本区への適用例-.九州森林研究64:79-81.

山田浩雄・山口和穂(2009)関西育種基本区におけるスギクローンの雄性不稔の調査結果と発見された雄性不稔クローンの特性.森林応用研究18:33-36.

Yamada H・Ubukata M・Hashimoto R(2006)Microsatellite variation and differentiation of Castanopsis species in Japan.Journal of Plant Research119:69-78.

Yamada H・Miyaura T(2005)Geographic variation in nut size of Castanopsis species in Japan.Ecological Research20:3-9.

Yamada H・Miyaura T(2004)An examination on the site-family interaction of tree height of open-pollinated families of hinoki (Chamaecyparis obtusa) plus trees in the Kansai Forest Tree Breeding Region.Journal of Forest Research9:81-84.

Yamada H・Miyaura T(2003)Geographic occurrence of intermediate type between Castanopsis sieboldii and C. cuspidata based on the structure of leaf epidermis.Journal of Plant Research116:477-482.

Yamada H・Yanaguchi K・Miyaura T(2002)Effect of Japan-sea climate on geographic distribution of Castanopsis sieboldii and C. cuspidata.Journal of Forest Research7:67-71.

山田浩雄・宮浦富保(2002)関西育種基本区で選抜されたスギ精英樹クロ-ンと後代家系の樹高成長と林地生産力との関係.日本林学会誌84:50-53.

Yamada H・Miyaura T(2000)The difference of distributional pattern between Castanopsis sieboldii and C. cuspidata and the relationships of the two species to their environmental factors in Kagoshima Prefecture, Japan.J. Phytogeogr. Taxon.48:163-169.

山田浩雄・西村慶二(2000)岡山県周辺におけるスダジイとコジイの地理的分布.日本林学会誌82:101-104.

Yamada H・Hendrati R L・Tambunan P ・Kawasaki H(2000)Preliminary observation of flowering strength in seedling seed orchard of Acacia mangium in Wonogiri, Central Java.Bulletin of the Forest Tree Breeding Center17:1-8.

山田浩雄・小林玲爾・中田了五・宮浦富保(1998)液体窒素(-196℃)で長期貯蔵したスギ花粉の種子形成能力.日本林学会誌80:201-204.

Yamada H・Miyaura T(1995)In vitro plantlet regeneration from axillary buds and the growth of acclimated plantlet of Kunugi.Bulletin of the Forest Tree Breeding Center13:45-52.

山田浩雄・岡村政則(1994)四国で選抜されたスギ精英樹本体の成長経過.日本林学会大会発表論文集105:313-314.

書籍、総説 山田浩雄(2009)種子の取り扱い.森林大百科事典,朝倉書店,12章森林の造成,322-323.
学会発表

山田浩雄・近藤禎二 ・磯田圭哉・大塚次郎・生方正俊(2017)成長曲線を用いたコウヨウザンの材積成長過程の解析,第128回日本森林学会大会学術講演集 P1-170

山田浩雄・安部波夫・塙栄一・大塚次郎・磯田圭哉・生方正俊(2016)コウヨウザンの所在地データベースの作成,日本森林学会大会学術講演集 127:P1-136

山田浩雄・大塚次郎・大久保典久・佐藤新一・加藤智子・宮本尚子・生方正俊(2015.03)スギ三倍体精英樹のさし木品種としての可能性,第126回日本森林学会大会学術講演集,P1B084、133

山田浩雄・磯田圭哉・久保田正裕(2013.03)クヌギ実生採種園における家系内選抜の繰り返しと遺伝的多様性の変化,第124回日本森林学会大会学術講演集、220

その他

山田浩雄(2016)林木遺伝資源の「見える化」について,林木育種情報 21:4

山田浩雄(2012)実生採種園での循環選抜と改良効果の実証による広葉樹の新たな育種法の提案.科学研究費助成事業研究成果報告書,5pp.

山田浩雄(2006)限界地めぐり 「スダジイとコジイ」.森林科学46:43-47.

表彰・受賞・特許 品種登録:久保田正裕、高橋誠、栗田学、竹田宣明、山田浩雄、橋本光司、星比呂志、生方正俊、岩泉正和、長谷部辰高:無花粉スギ品種「爽春(そうしゅん)」.登録番号第16433号(平成20年3月6日)

 

お問い合わせ

所属課室:森林総合研究所林木育種センター育種企画課 

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ikusyu@ffpri.affrc.go.jp