ホーム > 研究紹介 > 研究組織 > 組織紹介(育種部)

更新日:2018年3月19日

ここから本文です。

育種部

育種部では、林木の品種改良及び増殖に関する調査及び研究を行っています。

また、林木育種事業に関する企画、立案及び調査並びに実施に関することを行っています。

研究員

 

所属 キーワード
【育種部長】  
星  比呂志 品種開発、高速育種、育種戦略
育種第一課長  
髙橋  誠 品種開発、高速育種、気候変動適応策
【育種調査役】  
田村  明 カラマツ育種、コンテナ苗、品種開発
【基盤技術研究室】  
平岡  裕一郎(室長) 高速育種、遺伝統計解析、DNAタイピング、光合成能力
三嶋  賢太郎 遺伝子マーカー、QTL解析、材質育種、無花粉スギ
永野 聡一郎 DNAタイピング、遺伝統計解析、マーカー開発
能勢  美峰 遺伝子発現、ストレス応答、気候変動適応策
福田 有樹 高速育種、さし木増殖、遺伝子発現
平尾  知士(併任) 高速育種、DNAタイピング、遺伝子発現
松下  通也(併任) カラマツ育種、遺伝子統計解析、気候変動適応策
【育種第二課長】  
加藤  一隆 コンテナ苗、スギ雄花着花性、エリートツリー
【育種研究室】  
山野邉  太郎(室長) マツノザイセンチュウ抵抗性育種、第二世代精英樹選抜、採種園の管理、エリートツリー
宮下  久哉 スギカミキリ抵抗性育種、材質育種、第二世代精英樹選抜
大平  峰子 コンテナ苗、無花粉スギ、苗木増産技術、マツノザイセンチュウ抵抗性育種
坪村  美代子 スギ雄花着花性、無花粉スギ、高速育種
高島  有哉 材質管理、近赤外光を利用した育種技術、初期成長に優れた品種開発

エリートツリー

スギエリートツリー(茨城県城里町)

 

マツ抵抗性機構

線虫接触後に起こる抵抗性品種及び

一般のクロマツの生体防御反応のイメージ

研究内容

  • エリートツリーと優良品種の開発
  • ゲノム情報を活用した高速育種等の育種技術の開発
  • 適正かつ早期の普及に必要な技術の開発

主なプロジェクト

  • マツノザイセンチュウ抵抗性品種開発技術高度化事業(H25~29)
  • カラマツ種苗の安定供給のための技術開発(H28~30) 
  • 気候変動に適応した花粉発生源対策スギの作出技術開発(H28~32)
  • スギ雄花着花特性検査の高度化事業(H29~33)
  • 革新的技術による無花粉スギ苗木生産の効率化・省力化と無花粉品種の拡大(H29~31)

 

 

林木の新品種の開発


お問い合わせ

所属課室:森林総合研究所林木育種センター育種企画課 

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ikusyu@ffpri.affrc.go.jp