更新日:2015年6月12日

ここから本文です。

育種部

能勢  美峰(のせ  みね)

育種部育種第一課基盤技術研究室  研究員

研究テーマ 環境条件がスギの成長に与える影響とその分子メカニズムの解明
主な研究業績

Nose, M.・ Watanabe, A. (2014)Clock genes and diurnal transcriptome dynamics in summer and winter in the gymnosperm Japanese cedar (Cryptomeria japonica (L.f.) D.Don). BMC Plant biology 14, 308

Suharyanto・Nose, M.・Shiraishi, S. (2012) Development and application of a multiplex SNP system to evaluate the mating dynamics of Pinus thunbergii clonal seed orchards. Molecular Breeding 30(3), 1465-1477

Suharyanto・Nose, M.・Shiraishi, S. (2012) Characterization of 14 anonymous nuclear loci in Pinus thunbergii and their cross-species transferability. Journal of Forestry Research 23(1), 161-163

Nose, M.・Shiraishi, S. (2011) Gene expression profiles of pine wood nematode-inoculated resistant and non-resistant Japanese black pine. Forest Pathology 41(2), 143-155

Nose, M.・Shiraishi, S.・Miyahara, F.・Ohira, M.・Matsunaga, K.・Tobase, M.・Koyama, T.・Yoshimoto, K. (2009) Ribosomal DNA haplotype distribution of Bursaphelenchus xylophilus in Kyushu and Okinawa islands, Japan. Journal of Nematology 41, 194-202

能勢美峰・白石進・河合(宗原)慶恵・河崎久男・川崎圭造(2009) SNPおよびSCARマーカーを用いたザオウカラマツ子供群の純系鑑定. 日本森林学会誌 91, 360-365

能勢美峰・白石進・徳井理恵子・磯田圭哉・河崎久男・川崎圭造 (2005)ザオウカラマツに特異的なSCAR(Sequence Characterized Amplified Region)マーカー. 日本森林学会誌 87, 351-353

書籍、総説

能勢美峰・白石進(2012)SAGE 法を用いた網羅的な発現遺伝子解析-マツノザイセンチュウに対するクロマツの反応-. 林木の育種 242, 29-32

Nose, M.・Shiraishi, S. (2008) Breeding for resistance to pine wilt disease.
In. Pine Wilt Disease, Eds. Zhao, B.G., Futai, K., Sutherland, J.R., Takeuchi, Y., Springer, Tokyo. Pp. 334-350

能勢美峰・松永孝治・白石進(2008) 松枯れに強いマツを作る!. 森林科学 54, 21-25

学会発表

能勢美峰・栗田学・平岡裕一郎・井城泰一・武津英太郎・高橋誠・花岡創・三浦真弘・三嶋賢太郎・高島有哉・坪村美代子・柳原尚貴・田村美帆・渡辺敦史(2015)自然条件下におけるスギの遺伝子発現の年周性と植栽環境による違い. 第56回日本植物生理学会大会, 2U40

能勢美峰・栗田学・平岡裕一郎・井城泰一・武津英太郎・高橋誠・花岡創・三浦真弘・三嶋賢太郎・高島有哉・坪村美代子・柳原尚貴・田村美帆・渡辺敦史(2015)環境の異なる植栽地におけるスギの成長と遺伝子発現. 第126回日本森林学会大会学術講演集, p262

能勢美峰・栗田学・平岡裕一郎・井城泰一・武津英太郎・高橋誠・花岡創・三浦真弘・三嶋賢太郎・高島有哉・坪村美代子・柳原尚貴・田村美帆・渡辺敦史(2014)スギの環境に対する応答. 第3回森林遺伝育種学会大会講演要旨集

能勢美峰・田村美帆・三嶋賢太郎・井城泰一・坪村美代子・栗田学・渡辺敦史(2013)スギの温度に伴う日周性の変化. 第55回 日本植物生理学会年会大会講演要旨集, PF058

Nose, M.・Miura, M.・Watanabe, A. (2013) A strategy for genetic analysis of height growth in Japanese cedar. Plant and Animal Genome XXI, P0465

能勢美峰, 渡辺敦史(2013)スギの概日リズムに関する遺伝子発現解析. 第54回日本植物生理学会年会, PF047

その他 平成25年 日本森林学会学生奨励賞

お問い合わせ

所属課室:森林総合研究所林木育種センター育種企画課 

〒319-1301 茨城県日立市十王町伊師3809-1

電話番号:0294-39-7002

FAX番号:0294-39-7306

Email:ikusyu@ffpri.affrc.go.jp