• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ホーム > 組織 > チーム(林産物市場分析担当)

ここから本文です。

更新日:2016年11月28日

チーム(林産物市場分析担当)

林産物市場(マーケット)や関連産業について動向の把握と分析を行っています。

研究員

チーム長

嶋瀬拓也

 

  林産カナダ

林産中国

林産合板

カナダの大型製材工場
1工場で年間100万立方メートル以上の生産能力を有するツーバイフォー建築用製材の専門工場です。
製品は米国・日本・中国など世界各地に輸出されています。

中国の港での丸太陸揚げ風景
急速な経済発展を受けて東南アジア・アフリカ・ロシアなど世界各地から丸太輸入が急増しています。写り込んでいる人と見比べると丸太の大きさがうかがえます。

わが国における普通合板工場の立地変動(2000年、2011年)
このグラフはそれぞれの合板工場から最寄り木材輸入港までの道のりが2000年から2011年にかけてどう変化したかをみたものです。この10年あまりの間に合板工場の数はだいぶ減りましたが、同時に輸入丸太から国産丸太への転換に伴う内陸化の動きがみられます。

研究内容

  • 路網整備と機械化等による素材生産技術の開発(課題群番号:B1)
  • 国産材の効率的な供給のための林業経営・流通システムの開発(課題群番号:B2)
  • 炭素動態観測手法の精緻化と温暖化適応及び緩和技術の開発(課題群番号:E1) 

主なプロジェクト

  • 緩中傾斜地に適した低コスト生産システムの開発(H23~26、交付金プロジェクト、課題群番号:B1)
  • 木材利用拡大に向けた林業振興のための条件と推進方策の解明(H23~27、一般研究費、課題群番号:B2)
  • 木材需給調整手法の解明と新たな原木流通システムの提案(H25~27、交付金プロジェクト、課題群番号:B2)
  • 製紙資本における多角化状況の違いが企業自身及び林業・木材産業の発展に与えた影響(H25~29、科研費、課題群番号:B2)
  • 森林及び林業分野における温暖化緩和技術の開発(H22~26、技会プロ、課題群番号:E1)

お問い合わせ

所属課室:北海道支所地域連携推進室 

〒062-8516 北海道札幌市豊平区羊ヶ丘7

電話番号:011-851-4131

FAX番号:011-851-4167

Email:www-ffpri-hkd@gp.affrc.go.jp