• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

研究紹介 > チーム(森林健全性評価担当)

ここから本文です。

更新日:2017年4月12日

チーム(森林健全性評価担当)

北方系森林における持続的森林管理に資するために、各種の樹木病害の実態把握と北方系の森林に適した被害回避低減法などについて研究を行ない、生物被害に対するリスク評価や健全性評価指標の開発を目指しています。

研究員

チーム長

山口岳広

 

健全性T-2

健全性T-1

健全性T-3

カラマツ腐心病(根株腐れ) カラマツ腐心病を起こす腐朽菌カイメンタケの子実体(キノコ)

林業機械をトドマツ林内で実験的に走行させた時に
側根に生じた傷

このような傷から腐朽菌が幹のほうへ侵入すること
で材の価値が低下する。

主なプロジェクト

  1. ニレ類立枯病の日本における被害発生リスク評価(科研費:H23〜25)
  2. 北海道における木質バイオマス資源作物の生産促進技術の開発(資源作物栽培に対する病虫獣害のリスク評価)(一般交付金:H23〜25)
  3. 緩中傾斜地に適した低コスト生産システムの開発(持続的生産を確保するための環境影響軽減手法の開発)交付金プロジェクト:H23〜26)
  4. 北方育成天然林の資源有効利用に向けた施業管理技術の開発(劣化育成天然林の回復に伴う生物多様性への影響解明)(一般交付金:H23〜25)
  5. 北方人工林の持続可能性向上に向けた森林管理技術の開発(一般交付金:H18〜22)
  6. 北方天然林の持続可能性向上のための森林管理システムの開発(交付金プロジェクト:H18〜22)
  7. 道内カラマツ資源の循環利用促進のための林業システムの開発施業タイプに対応した材質・収穫量・施業コスト等の評価システムの確立(長伐期に対応した立地環境区分と経営収支分析)技会高度化事業:H19〜22)

お問い合わせ

所属課室:北海道支所地域連携推進室 

〒062-8516 北海道札幌市豊平区羊ヶ丘7

電話番号:011-851-4131

FAX番号:011-851-4167

Email:www-ffpri-hkd@gp.affrc.go.jp