• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

研究紹介 > 河原 孝行

ここから本文です。

更新日:2017年4月24日

 北海道支所長


kawahara

 

河原 孝行(かわはら たかゆき)

北海道支所長

メールアドレス:kaba(at)ffpri.affrc.go.jp

専門分野:植物分類学 森林遺伝学 保全生物学

 

最近の主な業績(原著)

  1. 飯田滋生、河原孝行、倉本惠生(2015) 択伐が行われた針広混交林における小面積樹冠下地がきと人工根返し処理4年後の植生状況. 北方森林研究、63:23-26.
  2. SOGA M、KAWAHARA T、FUKUYAMA K、SAYAMA K、SHIMOMURA M、ITOH Tetsuya(伊藤哲也・日本海洋生物研究所)、YOSHIDA T、OZAKI K (2015) Landscape versus local factors shaping butterfly communities in fragmented landscapes: Does host plant diversity matter?(景観構造vs断片化された景観におけるチョウ群集を形成する局所要因:食草の多様性は重要か?) Journal of Insect Conservation、19(4):781-790.
  3. AIZAWA M、YOSHIMARU H、TAKAHASHI M、KAWAHARA T、SUGITA H、SAITO H、SABIROV N R (2015) Genetic structure of Sakhalin spruce (Picea glehnii) in northern Japan and adjacent regions revealed by nuclear microsatellites and mitochondrial sequences.(核マイクロサテライトとミトコンドリアシーケンスによる北日本および周辺地域におけるアカエゾマツの遺伝的構造) Journal of Plant Research、128(1):91-102.
  4. KOSAKA N、KAWAHARA T、 TAKAHASHI H (2014) Vegetation factors influencing the establishment and growth of the endangered Japanese orchid, Cypripedium macranthos var. rebunense(日本産絶滅危惧ラン、レブンアツモリソウの定着と成長に影響する植生要因)Ecological Research、29(5): 1003-1023.
  5. 上沖正欣(立教大)、川路則友(森林総研非常勤)、河原孝行(森林総研)(2014) ヤブサメUrosophena squameicepsにおける繁殖地への帰還率. 日本鳥類標識協会誌、26(2):62-68.
  6. HIRAOKA Y、HANAOKA S、WATANABE A、KAWAHARA T、TABATA M (2014) Evaluation of the growth traits of Toxicodendron vernicifluum progeny based on their genetic groups assigned using new microsatellite markers(新たなマイクロサテライトマーカーによる遺伝的構成に基づくウルシ実生の成長形質の評価) Silvae Genetica、63(6):267-275.
  7. NAGAMITSU T、HOSHIKAWA T、KAWAHARA T、BARKALOV V Y、Renat N S (2014) Phylogeography and genetic structure of disjunct Salix arbutifolia populations in Japan(ケショウヤナギの日本の隔離集団における系統地理と遺伝構造). Population Ecology、56:539-549.
  8. SAITO Y、MUKAI T、IWAMOTO Y、BABA M、TAKIGUCHI K、OKAMOTO Y、GONG X、KAWAHARA T、KURODA C、TORI M (2014) Germacranolides and their diversity of Eupatorium heterophyllum collected in P. R. China(中国で採取されたEupatorium heterophyllumのゲルマクラノリド類とその多様性)Chemical & Pharmaceutical Bulletin、62(11): 1092-1099.

 

最近の主な業績(書籍、総説、その他)

  1. 河原孝行(2017) サクラと研究.山林 1595: 30-39.
  2. 河原孝行・吉丸博志・松本麻子・勝木俊雄・加賀谷悦子・長谷川絵里(2017) サクラがもっと好きになる.林野 120: 4-9.
  3. 河原孝行(2017) 国産トリュフの栽培化に向けた研究.CROSS T&T 55: 33-36.
  4. 河原孝行(2017) 北海道草木の栞(5) エゾエンゴサク.北方林業 68(2): 80.
  5. 星比呂志、河原孝行(2016) 森林総合研究所の新しい中長期計画で進める森林遺伝育種関係の研究課題. 森林遺伝育種、5(3):150-154.
  6. 酒井敦、大谷達也、宮本和樹、河原孝行、木村恵、内山憲太郎(2016)魚梁瀬天然生スギ林の齢構成と履歴. 森林総合研究所四国支所年報、57:34-36.
  7. 河原孝行(2016) 北海道 草木の栞 (4) クロツバラとミヤマハンモドキ. 北方林業、68(1):36.
  8. 河原孝行(2016) 北海道 草木の栞 (3) ハイマツ. 北方林業、67(3):35.
  9. 河原孝行(2016) 北海道 草木の栞 (2) ヨツバヒヨドリ. 北方林業、67(2):36.
  10. 河原孝行(2016) 北海道 草木の栞 (1) シラカンバ. 北方林業、67(1):35.
  11. KAWAHARA T(2015) Introduction,Cypripedium macranthos,Eupatorium makinoi,Salix arbutidolia(序文、アツモリソウ、ヒヨドリバナ、ケショウヤナギ) Important Plants of East Asia II: Endemic Plant Stories ( Publisher: East Asian Biodiversity Conservation Network (EABCN) & Korea National Arboretum (KNA))、P8-11,62-63,78-79,170-171
  12. 黒田智明、花井亮、通元夫、岡本育子、斎藤義紀、永野肇、大崎愛弓、廣田洋、河原孝行、龔洵 (2014) 中国横断山脈地域に生育するキク科Ligularia属植物の生産するフラノエレモフィラン化合物の特性. 有機化学合成協会誌 72(6):717-725.
  13. 河原孝行(2014) 北海道樹木の名前29 キハダ. 北方林業、66(8):258.
  14. 河原孝行(2014) 北海道樹木の名前28 サクラⅡ. 北方林業、66(5):146.
  15. 河原孝行(2013) フジバカマ. Flora of Kochi、28: 1.

 

お問い合わせ

所属課室:北海道支所地域連携推進室 

〒062-8516 北海道札幌市豊平区羊ヶ丘7

電話番号:011-851-4131

FAX番号:011-851-4167

Email:www-ffpri-hkd@gp.affrc.go.jp