ホーム > 研究紹介 > トピックス > 職員の受賞・表彰 > 第6回 Ecological Research 論文賞 (伊東宏樹・日野輝明)

ここから本文です。

第6回 Ecological Research 論文賞 (伊東宏樹・日野輝明)

1. 受賞名 第6回 Ecological Research 論文賞(2006年) (受賞日:2006年3月26日)
2. 受賞者の氏名、所属

伊東 宏樹 森林総合研究所関西支所
日野 輝明 森林総合研究所関西支所

3. 受賞理由 ニホンジカがササの採食を通じて樹木実生へ与える間接効果を明らかにした以下の論文が評価された。「How do deer affect tree seedlings on a dwarf bamboo-dominated forest floor? Ecological Research20(2): 121-128.」
4. 受賞理由の簡単な紹介  増加したニホンジカは、採食などにより森林の更新にも影響をおよぼすが、その一方で樹木の実生にマイナスの影響をおよぼす林床のササを採食することは間接的にプラスの効果をもたらすかもしれない。本研究では、野外実験によって実際にシカがプラスの間接効果をもつことを明らかにし、その大きさが樹種やササの量によってかわることをしめしたが、こうした点が評価された。

 

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844