ホーム > 研究紹介 > トピックス > 職員の受賞・表彰 > 第12回産学官民連携功労者表彰 農林水産大臣賞(大平 辰朗、他)

更新日:2014年10月9日

ここから本文です。

第12回産学官連携功労者表彰 農林水産大臣賞(大平 辰朗、他)

1. 受賞名 第12回産学官連携功労者表彰 農林水産大臣賞(受賞日:2014年9月12日)
2. 受賞者の氏名、所属

バイオマス化学研究領域 樹木抽出成分研究室長 大平 辰朗

日本かおり研究所株式会社 代表取締役社長 金子 俊彦

3.受賞内容

(独)森林総合研究所と日本かおり研究所(株)は、トドマツの枝葉の香り成分(モノテルペン類)が二酸化窒素等の環境汚染物質を強力に浄化することを発見し、その成分を空気中に揮散させることで、短時間で効果的に空気を浄化する技術を世界に先駆けて開発した。またこれらの有効成分の事業化を図るために、香り成分の抽出において従来法に比べて製造コストを1/5以下に低減可能な「減圧式マイクロ波水蒸気蒸留法」を世界に先駆けて開発し、有効成分の事業レベルでの大量抽出に成功し、リラックス効果等も備えた多機能な空気浄化剤として商品化を行った。さらに異業種間の企業が相補的に分担して連携するコンソーシアム「クリアフォレスト・パートナーズ」を立ち上げ、事業の効率的な推進体制を構築した。

4.受賞理由

今回の開発成果およびその早期実用化展開は、未利用資源である枝葉を香り成分の原料として活用することで全く新しい森林ビジネスを構築でき、林業・林産業をはじめとする地域経済の発展に貢献でき、また急速な経済発展により都市部の大気汚染が深刻化する発展途上国等の環境改善に広く寄与するものである。

なお、産学官連携功労者表彰は平成15年に始まった、大学、公的研究機関、企業等の産学官連携活動で、大きな成果を収め、あるいは先導的な取組みを行うなど、産学官連携の推進に多大な貢献をした優れた成功事例に関し、その功績を称えることで我が国の産学官連携の更なる進展に寄与することを目的としている。

5.関連リンク

「第12回 産学官連携功労者表彰 ~つなげるイノベーション大賞~」における農林水産大臣賞の決定について (農林水産技術会議)

http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/140829_1.htm(外部サイトへリンク)

第12回 産学官連携功労者表彰 ~つなげるイノベーション大賞~ (内閣府) 

http://www8.cao.go.jp/cstp/sangakukan/index2.html(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844