ホーム > 研究紹介 > トピックス > 職員の受賞・表彰 > 第13回日本農学進歩賞(多田 泰之)

更新日:2015年1月13日

ここから本文です。

第13回日本農学進歩賞(多田 泰之)

1. 受賞名 第13回日本農学進歩賞(受賞日:2014年11月28日)
2. 受賞者の氏名、所属

関西支所 主任研究員 多田 泰之

3.受賞理由

斜面崩壊発生場所の予測技術に関する研究

4.受賞の簡単な紹介

従来特定することが困難であった斜面崩壊の危険箇所を、地下水の流れが発する音の強度と分布により特定する技術を開発した。本技術を国内各地で適用し、豪雨で発生した崩壊地の大部分が地下水の集中箇所と一致することを確認するとともに、本技術により崩壊の危険性が高いと判定した斜面が調査後の豪雨時に実際に崩れ、本技術の有効性が確認された。さらに、本技術を用いた装置を開発・市販し、崩壊予測技術の普及に貢献した。これら一連の成果が、災害の未然防止に資し、農学の進歩に貢献するものとして評価された。

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135

FAX番号:029-873-0844