ホーム > 研究紹介 > トピックス > 職員の受賞・表彰 > Journal of Forest Research 論文賞 (津山 幾太郎・中尾 勝洋・松井 哲哉・志知 幸治・田中 信行)

更新日:2015年6月17日

ここから本文です。

Journal of Forest Research 論文賞 (津山 幾太郎・中尾 勝洋・松井 哲哉・志知 幸治・田中 信行)

1. 受賞名 Journal of Forest Research 論文賞(受賞日:2015年3月27日)
2. 受賞者の氏名、所属

北海道支所 津山 幾太郎
本所 中尾 勝洋・松井 哲哉・志知 幸治・田中 信行

3.受賞理由

過去の気候変化が現在の植物分布に与える影響を、以下の論文で、定量的に明らかにした点が、学術的にも、将来の気候変化の影響評価を行う上でも重要な貢献であると評価された。
「What controls the distribution of the Japanese endemic hemlock, Tsuga diversifolia?  ―Footprint of climate in the glacial period on current habitat occupancy. Journal of Forest Research 19:154-165」
DOI:10.1007/s10310-013-0399-9(外部サイトへリンク)

4.受賞の簡単な紹介

過去の気候変化が現在の植物分布に与える影響を評価するため、コメツガを対象として、統計モデルを用いて分布を規定する要因を明らかにし、最終氷期(約21000年前)の分布を推定するとともに現在の分布と比較した。その結果、第四紀(約258万年前~現在)の氷期における降水量の減少(乾燥)が、冷涼で夏期降水量が多い環境を好むコメツガの現在の分布に、大きな影響を与えていることが示唆された。

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科広報係

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8372

FAX番号:029-873-0844