ホーム > 研究紹介 > トピックス > 職員の受賞・表彰 > 平成30年度森林利用学会研究奨励賞(有水 賢吾)

更新日:2019年4月8日

ここから本文です。

平成30年度森林利用学会研究奨励賞(有水 賢吾)

1.受賞名 平成30年度森林利用学会研究奨励賞(受賞日:2019年3月23日)
2.受賞者の氏名、所属

有水 賢吾(林業工学研究領域)

3.受賞理由

「TOFカメラを用いた自動走行フォワーダのための作業道検知」が林業機械自動化に関する研究の進展に貢献するものとして、その学術的価値が高く評価された。

4.受賞対象研究の紹介

林業の生産性向上のための手段として、林業機械の自動化・ロボット化が強く求められている。本研究ではフォワーダの自動走行のためのローカルな経路計画にあたり、森林作業道の路肩検知システムを開発し、先行研究よりも高精度な検知結果が得られたことが評価された。

【関連論文】

有水賢吾、毛綱昌弘

「TOFカメラを用いた自動走行フォワーダのための作業道検知」森林利用学会誌、vol.33 no.4 pp.193–198 2018

DOI:10.18945/jjfes.33.193(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科広報係

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8372

FAX番号:029-873-0844