• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 林木育種センタートップ

ホーム > 業務紹介

ここから本文です。

更新日:2017年4月20日

業務紹介

林木遺伝資源の収集・保存

林木のジーンバンク事業

   急速に失われつつある貴重な森林資源の多様性を確保し、次世代へ引き継ぐことを目的に、絶滅の危機に瀕している天然記念物や巨樹・巨木などの林木の遺伝資源を探索・収集し、増殖・保存を行うとともに特性についての評価を行っております。これらは、「農林水産省ジーンバンク事業」として昭和60年から取り組んでおり、平成13年度からは、森林総合研究所林木育種センターの「林木のジーンバンク事業」として実施しています。

遺伝資源の探索・収集

   針葉樹・広葉樹を問わず、有用な育種対象樹種や、巨樹・名木、希少樹種等を中心に、多様な遺伝資源を収集しています。収集した遺伝資源は、つぎ木やさし木等により同一遺伝子を持った苗木として増殖し、種子・花粉の場合は冷蔵・冷凍保存します。保存した遺伝資源は数カ年に渡り特性を調査し、評価をします。蓄積された評価データ等は、遺伝資源を利用しやすくするために林木遺伝資源データベースとして広く一般に公開されています。

収集     増殖

  穂木の収集:伸縮可能な15mの長い竿で枝を採取                                     増殖作業:クリのつぎ木

林木遺伝子銀行110番

   ジーンバンク事業の一環として、平成15年12月から始まった事業です。天然記念物等の極めて優れた後継樹(クローン苗木)を増殖してほしいとの要請に応え、無料で増殖し後継樹として里帰りを行っています。

   平成28年度末までに、森林総合研究所林木育種センター関西育種場では88件の増殖依頼を受けており、うち78件はすでに里帰りしています。(里帰りの様子)

京都御苑     里帰り     林木遺伝子銀行110番(PDF:1,088KB)

                        京都御苑の御所御車返し                                                           御所御車返しの里帰り

種苗の計画的生産・適期配布

   森林総合研究所林木育種センター関西育種場の敷地内には、選抜された成長の良いスギ・ヒノキや、マツノザイセンチュウによる害に抵抗力を持つマツ等のクローン(原種)を保存しており、管内の各府県から種苗配布要望があれば、これらの木から穂木を採り、つぎ木苗を生産するなどして配布しています。
   配布した苗木等は、要望府県の採種園・採穂園造成等に使われ、そこで生産された種苗等は苗木生産業者を通じて林業家等に供給されます。

原種園     採穂

                          スギの原種園(山陰増殖保存園)                                                                         スギの採穂例

つぎ木     つぎ木苗

                                   つぎ木作業(マツ)                                                                                     養苗中のつぎ木苗

府県等を対象とした林木育種技術の講習・指導

   新品種等の利用を促進するため、管内の府県等の育種担当者を対象に林木育種技術講習会の開催及び現地指導を実施しています。

DNA分析     人工交配     整枝剪定

                                   DNA分析                                                                           人工交配                                                                           整枝剪定

マツノザイセンチュウ抵抗性検定     スギミニチュア採種園管理     マツのつぎ木

              マツノザイセンチュウ抵抗性検定                                  スギミニチュア採種園管理(福井県)                                          マツのつぎ木(和歌山県)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。