• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 林木育種センタートップ

ホーム > 研究紹介

ここから本文です。

更新日:2017年4月10日

研究紹介

第2世代以降の精英樹(エリートツリー)

   再造林を促進し魅力的な林業に貢献するため、成長が格段に優れた種苗の供給が求められています。
   現在利用されているスギやヒノキの苗木の多くは、精英樹(第1世代)を親木として生産された種子から作られています。この精英樹(第1世代)を次世代化し、一段と成長・材質等に優れたものを第2世代以降の精英樹(「エリートツリー」と呼んでいます。)として選んでいけば、極めて優良な苗木の供給が可能になると期待されます。
   関西育種場では関係機関と連携し、第2世代精英樹の候補木を選抜・保存しています。平成28年度までに四国地方ではスギ137系統、ヒノキ84系統を、近畿・中国地方ではスギ101系統、ヒノキ180系統を選抜・保存しました。現在、スギ76系統、ヒノキ141系統がエリートツリーとして決定されており、今後も候補木の選抜・保存を進めていきます。

第二世代精英樹候補木     候補木からの採穂     保存した候補木クローン

        選抜したヒノキ第二世代精英樹候補木                            候補木からの採穂                                                                  保存した候補木クローン

単木材積比較

30年生時の地ヒノキ、第一世代精英樹、第二世代精英樹候補木単木材積比較(高知県安芸市)

特定母樹について

   平成25年5月に改正された「森林の間伐等の促進に関する特別措置法」により、都道府県のほか「特定増殖事業計画」を作成し、都道府県に認定された民間事業者(認定特定増殖事業者)に対し、農林水産大臣が指定する特に成長等に優れた「特定母樹」の原種を配布することとなりました。
   関西育種基本区では、平成28年度までにエリートツリーの中からスギ26系統、ヒノキ14系統が特定母樹に指定されています。

花粉症対策品

   スギ・ヒノキ花粉症は、社会的に大きな問題となっています。関西育種場は府県と連携し、スギ及びヒノキについて、成長や幹の通直性等に優れた精英樹の中から、平年では雄花が全く着かないか極めてわずかで、花粉飛散量の多い年でもほとんど雄花が認められないものを花粉の少ないスギ・ヒノキの品種として、平成28年度までにスギ29品種、ヒノキ22品種を開発しています。
   また、普通のスギと同様に雄花を着けるものの、花粉を全く生産しない無花粉スギ品種として、平成19年度に精英樹と同等の形質を示す「スギ三重不稔(関西)1号」を開発しました。さらに、無花粉スギ品種「三重不稔」と精英樹等の人工交配を行い、成長、材質等に優れた無花粉スギ品種の開発を進めています。

新品種の開発

花粉の少ないスギ品種の開発

   スギの中には雄花(花粉)の生産量が極端に少ない個体があります。

花粉の比較     選抜から普及

花粉の少ないヒノキ品種の開発

   ヒノキの中にも雄花(花粉)の生産量が極端に少ない個体があります。

少花粉ヒノキ     普通のヒノキ

                           少花粉ヒノキ(黄色い雄花がついていない)                                             ふつうのヒノキ(葉の先の黄色く色づいているのが雄花)                                        

無花粉スギの開発

   関西育種基本区で雄性不稔スギ1個体を発見しました。(平成19年度に「スギ三重不稔(関西)1号」と命名)

スギ三重不稔(関西)1号     一般のスギ

雄花の接写写真(1,4)
雄花断面の実体顕微鏡写真(2,5)
雄花断面の電子顕微鏡写真(3,6)

マツノザイセンチュウ抵抗性品種

   松くい虫被害(マツ材線虫病)は、マツノマダラカミキリによって運ばれた体長約1ミリの線虫であるマツノザイセンチュウがマツの樹体内に侵入することにより引き起こされるマツの伝染病です。被害は明治時代から発生していましたが、昭和40年代後半以降西日本各地で激害となり、その後北上を続け、現在は北海道を除く全国で被害が発生しています。
   関西育種場は府県と連携し、マツノザイセンチュウに抵抗性を有するアカマツ、クロマツの開発を進めており、平成28年度までにアカマツ115品種、クロマツ51品種を開発しました。

新品種の開発

マツノザイセンチュウ抵抗性育種

   マツノザイセンチュウの人工接種による検定

抵抗性候補木の選抜     二次検定     品種開発     種子生産

        抵抗性候補木の選抜                                                                一次検定、二次検定                                                                         抵抗性品種の開発、普及

抵抗性マツによるマツ林の再生

種子生産     山への植栽     海岸への植栽

                           採種園で種子生産                                                    山へのアカマツの植栽                                            海岸へのクロマツの植栽

幹重量の大きい品種の開発

   地球温暖化対策に資するため、幹重量の大きい品種が求められています。幹の炭素貯留量は、材積(成長)と材密度(容積密度)の積で推定できます。
   平成28年度までに、幹重量の大きいスギ25品種、ヒノキ12品種を開発しました。

新品種の開発

初期成長に優れた品種

   造林費用の3~4割を占める下刈り作業の軽減に資する、初期成長の早い品種の開発が求められています。
   ヒノキでは、初期成長の早いさし木品種の開発を目指して、現行精英樹のさし木試験を実施しています。スギでは、四国地方で選抜したスギ第二世代精英樹候補木のさし木発根性評価及びさし木試験地の造成を進めています。また、スギでは、人工交配により、初期成長の早い次世代集団の育成も行っています。
   平成28年度までに、初期成長に優れたスギ品種を22品種開発しました。

新品種の開発

ヒノキさし木品種の開発

さし木作業     さし木床     さし木苗

                                                        ヒノキ精英樹のさし木(四国増殖保存園)

さし木発根率

四国のヒノキ精英樹のさし木発根率

初期成長の早いスギ品種の開発

さし木作業     さし木床     植栽試験

                                                               初期成長の早いスギ品種の開発

材質優良品種

次代検定林における材質調査

   建築用材の強度に関する品質表示義務化や乾燥材の利用拡大に伴い、強度等材質に優れた品種への需要が高まっています。
   関西育種場では、関係機関と連携して次代検定林等において、ファコップ、ピロディン、FFTアナライザー等の測定機を用いた非破壊的な方法で、ヤング率、容積密度、含水率等の材質形質を調査しています。

ファコップによる測定     ピロディンによる測定     FFTアナライザーによる測定

                        ファコップによる測定                                             ピロディンによる測定                                             FFTアナライザーによる測定

材質優良品種の開発

   平成28年度までに、スギ材質優良品種を17品種開発しました。

絶滅危惧種トガサワラの保全に関する研究

   絶滅危惧種トガサワラの保全を効果的に進める上で、遺伝的多様性や地域間の遺伝的な差異を把握しておくことはきわめて重要です。
   関西育種場では、DNAマーカーを用いてトガサワラの地域集団間の特徴を明らかにしました。その結果を踏まえ、トガサワラの遺伝的特性を損なわないよう収集・保存を行っています。

絶滅危惧2類:トガサワラ

  • マツ科トガサワラ属の常緑針葉樹
  • 紀伊半島南部と高知県東部の山岳地帯にのみ分布する固有種
  • 造林の拡大・伐採等に伴い個体数が減少

探索・収集     トガサワラの天然林     トガサワラの増殖

                    探索・収集(採穂)                                     トガサワラの天然林(三重県大又)                                                      増殖

トガサワラの遺伝変異の解明

   種内に保有する遺伝変異の把握(収集・保存すべき集団の箇所数や個体数等の検討に資するものとなります。)

DNA分析     遺伝的構成

                                       DNA分析                                                                                         地域間で異なる遺伝的構成

                                                                                                  ※ STRUCTURE解析:集団の遺伝的構成の違いを複数のクラスター(色)の構成比により図示化