ホーム > 森林総合研究所について > 公開情報 > 当研究所職員による研究論文の取り下げについて

更新日:2022年6月16日

ここから本文です。

当研究所職員による研究論文の取り下げについて

生分解性不織布ポット(生分解性コンテナ/ビオコンテナ)を用いた育苗の後、生分解性コンテナを一旦取り外して新しい生分解性コンテナへ移植し、山へ植栽した苗木の植栽後の成長を調べて報告した弊所研究員による短報「生分解性不織布ポットを用いたスギ・ヒノキ苗の植栽後2年間の成長」(日本森林学会誌第102 巻 4 号掲載)について、弊所と著者等による検討の結果、以下の理由により取り下げることにしました。

本論文で用いた試験方法はヒノキ苗木の育苗・植栽における通常の生分解性コンテナの使い方ではなく、得られた結果はそのまま現場に適用することはできません。にもかかわらず、本論文のとくに「表題」と「要旨」において生分解性コンテナを付け替えた苗木を使った試験の結果であること、そのまま現場へ適用することはできないことを明示しておらず、あたかも特定の生分解性不織布ポット製品(生分解性コンテナ/ビオコンテナ)を使った場合にヒノキの成長が阻害されることが分かったかのような重大な誤解を与える表現がなされていると判断しました。当該論文をとりまとめる段階で著者が本来実施すべき手順が脱落していたため、十分なチェックがなされないまま論文が投稿されたことが大きな原因と考えております。

ご迷惑をおかけした関係各位にお詫び申し上げます。
今後は研究者の自発的な研究活動、創意工夫を大切にしつつ、研究の遂行、論文の作成において必要な手順の脱落が生じることのないよう努めたいと思います。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

理事(研究担当) 坪山良夫

お問い合わせ

所属課室:企画部広報普及科

〒305-8687 茨城県つくば市松の里1

電話番号:029-829-8135