• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

アメリカキササゲ

和名:アメリカキササゲ
所属:ノウゼンカズラ科 キササゲ属
学名:Catalpa bignonioides Walt.
特性: 落葉高木。幹は短く、通常稍屈曲する。樹皮は淡灰色、深裂する。枝は粗生拡開する。葉は対生し長柄、心卵形で急短尖、心脚、下面に軟毛密生する。発芽は最も遅く、5~6月で葉に悪臭がある。花は、頂生多岐の大円錐花序、花の数が極めて多く白色または乳白色である。喉部に黄色2条の斑及び紫色或は紫褐色の斑がいる。
分布: アメリカ南部産。1726年に英国に入り、日本には明治末年に渡来している。
用途: 花木として植栽し観賞する。
備考: アメリカには種苗商が、この苗を売り出している。
 開花時期: 6~7月
果実成熟期: 9~10月
写真
アメリカキササゲ

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp