• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

ベニワビスケ

和名:ベニワビスケ
所属:ツバキ科 ツバキ属
学名:Camellia reticulata campanulata Makino
特性: 常緑低木。枝は細い。葉は長楕円形(ヤブツバキより細長い)、長さ6cm、幅3cmぐらい、濃緑、光沢がある。冬はやや褐色をおびる。細鋸歯があり、先が尖っている。花は薄紅色、4~5弁、一重咲、筒型に開く。径3cmぐらい。9月から1月にかけて上品な花を開く。
分布:
用途: 栽植品、茶庭などに多く植えられている。
備考: 漢字では侘介(わびすけ)と書くが、コチョウワビスケ、シロワビスケなどがある。類似のトウツバキは中国産、5月咲、葉に光沢がなく、葉脈が鮮明である。ワビスケはその変種と言われる。
 開花時期: 9~1月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下:

ベニワビスケ

ベニワビスケ

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp