• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

ハコネウツギ

和名:ハコネウツギ
所属:スイカズラ科 ハコネウツギ属
学名:Weigela coraeensis Thunb.
特性: 落葉潅木。枝は太く樹皮は灰褐色にてコルク質深裂する。葉は対生で有柄にて広楕円形、急鋭尖、鋭脚、上面は光沢ある深緑色、下面は帯青緑である。花は、頂生または上部で腋生、初め白色、次で淡紅、後に紅色、或は初め紅色で稀に変色しないものもあり、従ってこれらの三色が1株の中に混生する。種子は極小形で狭い翼がある。
分布: 北海道、本州、四国、九州の産で満州に見るのは栽植品である。
用途: 造園用、観賞用とする。
備考: 原産地では特に海岸に多い。樹形がくずれやすいので刈り込みを要する。
 開花時期: 5~6月
果実成熟期: 9~12月
写真上:
写真下:

ハコネウツギ

ハコネウツギ

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp