• ホーム
  • 研究紹介
  • 業務紹介
  • 交通
  • お問い合わせ
  • 森林総研トップ

ここから本文です。

ハマビワ

和名:ハマビワ
所属:クスノキ科 ハマビワ属
学名:Litsea japonica (Thunb.) Juss.
特性: 常緑小高木。暖い地方の海岸に多い。葉はよく茂り、有柄、互生し、長楕円形、厚い革質でシャクナゲの葉に似ている。長さ10~15cm、表面暗緑色でなめらか、裏面には綿毛が密生している。全緑葉の外側は少し内にまがりこんだようになている。雌雄異株。10月頃、黄白色の小さい花を腋生する。液果は楕円形で翌年になって熟し、青黒色。
分布: 本州(中国地方以西)、四国、九州の海岸用途防風、防潮林
用途:
備考: 熊本では天草の海岸に自生している。アオスジアゲハの食草、樹名の似ているイヌビワはクワ科、ビワはバラ科、ヤマビワはアワブキ科である。
 開花時期: 10月
果実成熟期: 
写真
ハマビワ

お問い合わせ

所属課室:九州支所地域連携推進室 

〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪4-11-16

電話番号:096-343-3168

FAX番号:096-344-5054

Email:kyswebmaster@ml.affrc.go.jp